体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【開発者さんのキモチ】ワキ汗の悩みを解消したい! シミを作らせない汗取りインナー『サラリスト』開発担当・服部美紀さん(ガジェット通信)

3

ガジェット通信「開発者さんのキモチ」取材班です。

ユーザーの中にある「こんなのあったらいいな」というキモチと、開発者のそれを実現したいというキモチが触れ合ったとき、新しい製品・サービスが生まれることがあります。

この企画では、ユーザーさんのキモチに気づいた開発者さんが、どんなキモチで開発に挑んだのかを探ります。

●どんな人が開発しているのか
●ユーザーのどんなキモチに気づいたのか
●それに応えるため、どんなキモチで開発に挑んだのか

この3点を中心に、開発にまつわるさまざまな話をきいてきました。

img_1268_f2

今回お話を聞いた開発者さんは、これからの季節を快適に過ごすために取り入れたい、ベルメゾンの汗取りインナー『サラリスト』を担当する千趣会の服部美紀さん。
※ベルメゾンを運営しているのが千趣会。

汗取り機能付きのインナー『サラリスト』の中でも、特に進化してきたのが“大汗さん”シリーズ。毎年リニューアルしユーザーに支持され続ける、その特徴とは? また、最近は男性の汗マナーやケアの意識も変わってきているみたいですよ!

一番の特徴は汗ジミの防止! 「手にとって汗の悩みを解消してほしい」

img_1023_f2

服部さんは、入社後、靴やバッグなどバイヤー経験を経て、9年ほどインナーの開発に携わってきました。今はプランナーとして商品の企画や、どんなターゲットに向け企画を進めるかなど、商品のプランニング全体を手がけています。

これから汗に悩む夏が本格的に訪れますが、「汗が他の人より大量」と感じている“大汗さん”は約4割、さらに汗の困りごととして「におい(83.2%)」に次いで「汗ジミ(67.5%)」をストレスと感じている人が多くいることが分かったのだとか。

『サラリスト』の“大汗さん”シリーズの一番の特徴は、汗ジミ防止に特化していること。不意に手を挙げたり、電車の吊革に捕まるときなど、脇汗のシミ、できていないか気になりますよね……。

今年は特に汗取りパッドの大きさを見直しリニューアル。「もっと手に取ってもらえたら潜在的な汗のお悩みを解決できるのかな、と思っています」と服部さん。

ポイントは防水シート 汗取りパッドを「もっと大きく!」の声に応え続ける

img_1190_f2

――現在、夏向けのサラッと快適な着心地のインナーは他社さんでも展開していますが、“大汗さん”の一番の違いはなんですか?

服部:防水シートの染み出さない効果というところが一番の強みだと思います。夏用の冷感インナーなどは他社さんでも展開していますが、あまりシミ対策に特化されているわけではなくて、やっぱり着ている間に快適に過ごせる肌着としての基本機能に注力されていると思います。

弊社の商品も基本的な夏用の肌着の機能は備えてはいるんです。その上でさらに、染み出さないという部分に特化した商品なので、そこが一番の違いですね。

img_1099_f

――三層構造は特徴的ですよね。

1 2 3 4 5次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。