ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

トヨタ ハイラックス13年ぶりに国内復活

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
▲横長ランプと水平基調のグリルが目を引く、現行ハイラックスは2015年から海外で販売されている。国内に導入されるのは、ダブルキャブの4WDモデルのみ

▲横長ランプと水平基調のグリルが目を引く、現行ハイラックスは2015年から海外で販売されている。国内に導入されるのは、ダブルキャブの4WDモデルのみ

RVブームを盛り上げた名車がトヨタ ハイラックス

2004年に国内販売が終わって、海外専売ブランドに切り替わったハイラックスが13年ぶりに帰ってくる。三菱がトライトンの輸入販売を中止した現在、国内唯一のヘビーデューティピックアップとして、市場のニーズに応える。海外生産のタイから帰国するハイラックスの詳細を見てみよう。

トヨタ店には、ランドクルーザー、同プラド、FJクルーザーといった、ヘビーデューティSUVも揃っているが、過去にはハイラックスサーフがラインナップされていた。

いまでは海外専売車となってしまったが、かつては同ピックアップとともに、トヨタ店の商品ラインナップに顔を連ね、RVブームの立役者となった。

▲1997年にリリースされ、2004年まで販売されていたトヨタ ハイラックス。国内ではこれが最後のモデルとなった

▲1997年にリリースされ、2004年まで販売されていたトヨタ ハイラックス。国内ではこれが最後のモデルとなった

全長5m超の巨大なピックアップ

現行ハイラックスは、新興国に主眼を置いたIMVプロジェクトの一環として開発された。タイからの輸入販売車となる。現地では、シングルキャブや2WDモデルなど、豊富なバリエーションが用意されているが、日本にやってくるのは、ダブルキャブの4WDのみ。予定では9月12日に国内発表される見通しだ。

ボディは2004年までに販売されていた、ハイラックスダブルキャブよりひと回り大きく、全長は先代比+640mmの5330mm、全幅は同+165mmの1855mm、全高は先代と同じ1800mmとなる。ホイールベースも同+230mmの3085mmに達する。

これに伴い、荷台は長さ1520mm×幅1535mmの余裕あるサイズが与えられる。ちなみに最小回転半径は6.4mとなる。水平バーが並ぶメッキグリルと横長ヘッドランプ、台形インテークが安定感ある表情を作り出しているのは、見てのとおり。

▲全長5m、全幅1.8mを超える大きなボディは、圧倒的な存在感を放つ。荷台のスチールバーはディーラーオプションとして設定される。同様にリアゲートの文字もオプション扱い

▲全長5m、全幅1.8mを超える大きなボディは、圧倒的な存在感を放つ。荷台のスチールバーはディーラーオプションとして設定される。同様にリアゲートの文字もオプション扱い

▲ブラックモノトーンのインパネには、シルバーのガーニッシュが配されて、華やかさとシャープな印象がもたらされる。スイッチ類の照明はブルーに統一されている。写真は海外向けのレザー仕様だが、国内に導入されるのはファブリック表皮のみ

▲ブラックモノトーンのインパネには、シルバーのガーニッシュが配されて、華やかさとシャープな印象がもたらされる。スイッチ類の照明はブルーに統一されている。写真は海外向けのレザー仕様だが、国内に導入されるのはファブリック表皮のみ

搭載エンジンは2.4L直4ディーゼル

搭載されるエンジンは、最高出力150ps/最大トルク400N・mを発生する、2.4L 直4ディーゼルターボ。組み合わされるトランスミッションは6速ATで、パートタイム式の4WDシステムが採用される。

国内で発売されるのは、エントリーモデルのXグレードと上級のZグレード。前者はホイールキャップやカラードバンパーが装備され、傾斜路で発進する際に、ズリ下がるのを防ぐヒルスタートアシスト、後退時に重宝するバックモニター、サイド&カーテンエアバッグと、運転席ニー(ひざ)エアバッグも備わる。価格は約325万円。

上級のZグレードは、さらにプリクラッシュセーフティや車線逸脱警報などの安全装備、スタック時に役立つデフロック、アルミホイール、LEDヘッドランプ&フォグランプ、クルーズコントロールなどを装備。価格は約380万円となる。

国内で新しいピックアップが発売されるのは、久々のこと。SUVとは異なるレジャー向けの車として、ハイラックスの登場を歓迎する声は少なくないだろう。

※2017年6月12日現在における新型車の発表についての予測記事です。発表を保証するものではありません

【SPECIFICATIONS】

■予想発表時期:2017年9月12日

■全長×全幅×全高:5330×1855×1800(mm)

■搭載エンジン:2.4L 直4ディーゼル+ターボ

text/マガジンX編集部

photo/マガジンX編集部、トヨタ

関連記事リンク(外部サイト)

わんこ×クルマの記事一覧を見る
中央自動車道 談合坂SA(下り)
萌木の村

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
日刊カーセンサーの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。