ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

W12とV8のあいだをつなぐ絶妙なさじ加減、ベントレー フライングスパー V8S(試乗レポート)

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
▲サスペンションはレスポンスを重視したセッティングに、連続可変ダンピングコントロールも最適化された。4WDは前40%、後60%で駆動を配分、0→100km/h加速4.9秒となる

▲サスペンションはレスポンスを重視したセッティングに、連続可変ダンピングコントロールも最適化された。4WDは前40%、後60%で駆動を配分、0→100km/h加速4.9秒となる

V8に物足りなさを感じるなら「V8 S」の出番

以前、ベントレーのセールスマンにインタビューしたとき、同じモデルであってもW12とV8を選ぶ層はまったく異なる、そしてやはりV8を選ぶ層が着実に増えているという話をしていた。さすがに両者の間にある約500万円もの価格差はベントレーを買える層であっても、小さくないということだろう。

フライングスパーはそもそも後席ではなく、運転席に座り自らステアリングを握るドライバーズカーだ。したがって、600psを超えるW12までは必要ないが、フツーのV8じゃ物足らない、そんなデマンドがあったとしても不思議ではない。そこでW12とV8のあいだをつなぐ「V8 S」の出番というわけだ。

4L V8ツインターボエンジンの出力はベースの507ps/660N・mから528ps/680N・mへと向上している。エクステリアではグリルをグロスブラック仕上げにしバンパーを専用品に、ホイールサイズは21インチ(オプション)まで大径化され、サスペンションはスポーティチューニングが施されていた。インテリアでは2色のレザーを使い分け、ギアレバーとステアリングコラムに備わるシフトパドルにもお馴染みのローレット加工が施されている。

こうした「S」装備の数々から、ともすれば少しスポーティにすぎる乗り味をイメージするが、快適性はみじんも揺るがない。ゆっくり走ればエンジンは気筒休止で4気筒になり、がっつり踏めば最高速度は306 ㎞ /hに達するという絶妙なさじ加減だ。

▲ブラックのラジエターグリル、リアディフューザー、グリルインサートなどを備え、“伝統的デザイン”はよりスポーティなスタイルに

▲ブラックのラジエターグリル、リアディフューザー、グリルインサートなどを備え、“伝統的デザイン”はよりスポーティなスタイルに

▲ピアノブラックや左右対称に木目を合わせたウッドなど、手作業で仕立てられる上質な室内。シートなどに天然レザーを使用。密閉性向上、吸音パネルや防音材の最適化などで静粛性を高めた

▲ピアノブラックや左右対称に木目を合わせたウッドなど、手作業で仕立てられる上質な室内。シートなどに天然レザーを使用。密閉性向上、吸音パネルや防音材の最適化などで静粛性を高めた

▲ブランドバッジの“ウイングド B”は赤いエナメルで12気筒モデルと差別化。ホイールにも赤いバッジが付く。標準ではペイント仕立ての20インチホイールを装備

▲ブランドバッジの“ウイングド B”は赤いエナメルで12気筒モデルと差別化。ホイールにも赤いバッジが付く。標準ではペイント仕立ての20インチホイールを装備

【SPECIFICATIONS】

■グレード:V8S ■乗車定員:4/5名

■エンジン種類:V8DOHCターボ ■総排気量:3992cc

■最高出力:528/6000[ps/rpm]

■最大トルク:680/1700[N・m/rpm]

■駆動方式:4WD ■トランスミッション:8AT

■全長x全幅x全高:5315x1985x1490(mm) ■ホイールベース:3065mm

■車両価格:2100万円

text/藤野太一

photo/ベントレーモーターズジャパン、柳田由人

関連記事リンク(外部サイト)

ベントレー ベンテイガはオールマイティという言葉がふさわしい車だ
ベントレー コンチネンタル GTのマイナーチェンジは抑揚が利いた渋い変更である
ベントレー コンチネンタル GTのマイナーチェンジは抑揚が利いた渋い変更である

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
日刊カーセンサーの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。