体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「今日こそは家に帰らないと!」数日だけの親子水入らずもつかの間……奥さんの前で彼女からの手紙を読む ~ツッコみたくなる源氏物語の残念な男女~

「引っ越して来たのに逢えない…」源氏が大堰に来ない理由

明石一家の別荘暮らしが始まりました。とても風情のある場所で、庭や渡り廊下なども見どころがあります。まだところどころ未完成ですが、慣れればこのままでも問題なく住めそう。無事の到着を祝い、源氏の腹心の家来たちがもてなしをしてくれましたが、肝心の源氏の姿はありません。

することもなく、ただ過ぎていく日々…。(いつお逢いできるのかしら。きっとお忙しいのだろう、でも……)堂々巡りの葛藤が明石の君を襲います。「近くに来たら余計に辛い気がする。これなら美しい思い出を頼りに、明石でお慕いしている方がよかった」

源氏が別れ際に渡した形見の琴(きん)を取り出し、少し弾いてみると、ざわざわと松林が悲しげな音を合わせてきます。尼君もそれを聞いてしんみりと「松風は海辺と変わらないね。なんだか引っ越してきたという気がしないわ」。「本当ね。お父様はひとりでどうしていらっしゃるかしら」。源氏が「調子が狂う前にかならず再会しよう」と、約束してくれた琴。明石の君は海辺から遠く離れた山里で、琴を相手に孤独を噛み締めます。

その頃、源氏はどうやって大堰に行こうか思案していました。近くにきてくれたのだから早く逢いたい!でも例によって、「明石」と聞くと途端に機嫌が悪くなる奥さんの紫の上には、別荘の件は話していません。これまでも気まずい事は「隠し事はせず自分から話す」方針を貫いてきた源氏。今回も黙ってコソコソして、あとでバレるよりはマシ、と切り出します。

「御堂の方に用があったんだけど、なかなか仕事が忙しくて延び延びになってしまった。…それに近くに、約束した人が来たというからちょっと逢ってくるよ。他にも回る所があるので、2~3日はかかると思う」。腰の引けたセリフです。

察しの良い紫の上はすぐに理解し(なるほど、御堂を建てたのはこういうことのためだったのね。明石の君がついにやってきたんだわ)。「あらそう。あなたの”ちょっと”っていうのは、きっと斧の柄が朽ちるほどの”ちょっと”ね。待ち遠しいこと」。

紫の上が言うのは、中国の昔話で”ある木こりが、仙人が碁を打つのを夢中になって見た後、気がつくと斧の柄が朽ちるほど時間が経っており、知っている人は誰も居なくなっていた”という、浦島太郎みたいな話です。

すっかりむくれてしまった紫の上に、源氏は「またそうやって変に勘ぐる。私はもう昔の私じゃない、浮気心なんてもうどこにもないんだよ」朝からご機嫌取りが大変で、出かけるつもりがお昼になってしまいました。やれやれ。

親子水入らず、数日だけのマイホーム気分を堪能

源氏がやっとの事で自宅を出、大堰についたのは夕方でした。源氏は明石の君とやっと再会し、初めて娘の顔を見ました。「なんて可愛い子だろう!時間を巻き戻したい…」ちい姫がにこっと微笑んだ時の愛くるしさは、例えようもありません。姫のため派遣した乳母も元気そうで、男に捨てられてうらぶれていたのが、すっかり若返っています。

実際にはかつてのあこがれの人や、恋人との再会でガッカリすることもままあるわけですが、そこは源氏物語。源氏はあの琴を見て「約束通り、調子が変わらないうちに逢えただろう」。「お待ちする間、琴の音色に泣き声を添えておりました」。源氏は男盛り、明石の君は一層美しくなっての、理想的な再会でした。

滞在中は、源氏は日中は御堂の用事に出かけ、夜は別荘へ帰ってきます。その間には庭の手入れを指示したり、ちい姫と遊んだり。まるでマイホームのような、親子水入らずの楽しい時間。源氏はもう2人と離れたくなくなります。

「近いとは言え、来るのには時間がかかる。やっぱり二条に移ってくれないか」。源氏は直接明石の君にもちかけますが、「もう少しここで、京に慣れましたら」。それも仕方ないかと思いつつ、2人のアツい夜は更けていきます。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy