体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

高校生は演劇をすれば人生が楽になる!? 話題の職業「ドラマティーチャー」について聞いてみた。

「高校の授業」というと、教室で机に座って、将来役に立つかなんてわからない勉強をして……、というイメージですよね。でも、最近はそうじゃない授業があるんです。 最近『高校生が生きやすくなるための演劇教育』(立東舎)という本も出した追手門学院高等学校のいしいみちこ先生は、「ドラマティーチャー」、つまり演劇の先生。彼女が教えるクラスには、「英語」「国語」といった時間割のなかに「演劇」があるんです。 でも、部活じゃなくて授業で演劇をやるって、具体的にどういうことなんでしょう? そのあたりを、いしい先生に聞いてみました。

ドラマティーチャーという職業は、どんなお仕事なんですか?

演劇という表現方法を用いて教育をする仕事です。演劇も含め、表現は他者に向かってするコミュニケーションでもあるわけですが、そこに焦点化してコミュニケーションについて教えたり、その元となる自分について考えてもらったり、他者との協働について具体的に学んでもらったりする仕事です。

授業でどんなことをやっているか、教えてください。

私は身体性を大切にしているので、基本的に授業の3分の1は身体作りのための筋力トレーニングや運動をしています。その後に演技の基礎訓練を使った授業をします。実技なので体験を通して気づきが生まれるよう、実感のある学びの時間になるようプログラムを組み立てています。

高校生に演劇を教えると、生徒にどういう変化があるんですか?

これは私が演劇教育を始めた頃からずっと行っている、19項目80問に答えてもらうという意識調査です。

入学時から卒業まで5回にわたって節目節目で調査しています。このデータはこの春卒業した生徒たちのものですが、演劇教育を受ける前(入学直後)と受けた後(卒業時)のグラフで、明らかに意識の変容が見て取れますよね。アンケートなので自分に対する認識が変わった結果が可視化されているのですが、自分を肯定的に捉えられるようになったことがわかります。特に主体性や能動性は身につく生徒が多いと感じます。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会