ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

最強すぎるコンビニエンスストア・ローソンの良いところ10選

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

0401
日本を代表する3大コンビニエンスストアといえば、誰もがセブン-イレブン、ファミリーマート、そしてローソンの3つをあげるだろう。かつては他にも規模の大きいコンビニチェーンが存在していたが、合併などを経てこの3つのコンビニが圧倒的な規模に成長したのだ。

・最強コンビニ・ローソンの良いところ10選
その中でもローソンこそが最強のコンビニであると我々は断言する。それはいったいなぜなのか。今ここにローソンが最強たる所以、ローソンの良いところ10選を厳選して紹介しよう。

1. 国内47都道府県に出店している
日本のコンビニエンスストアで最も早く47都道府県に出店したのはローソンだ。2006年にファミリーマートも追従する形で47都道府県への出店を果たしたが、それまではローソンのみが真の全国展開を果たしていたコンビニだったのである。

2. 全店舗に郵便ポストがある
02
ローソンは「100円ローソン」などの別業態を除き、すべての店舗に郵便ポストが設置されている。ローソン以外のコンビニではレジで切手を買ってもそのまま郵便物を出すことができないことも多いが、ローソンならその場ですぐポストに投函できるのだ。

3. コーヒーを1杯ずつ注いでくれる
今や日本のコンビニエンスストアでは抽出したての美味しいコーヒーが飲めるマシンを設置するのが当然の流れとなっている。こちらは大抵の場合セルフサービスでマシンを操作することになるのだが、ローソンではなんと1杯ずつ店員が操作し、コップにコーヒーが注がれた状態で提供してくれるのだ。

4. お試し引換券がお得すぎる
ローソンでは店頭のLoppiでPontaポイントまたはdポイントを使って「お試し引換券」を発行できるのだが、これはとんでもなくお得なのである。例えば100円をゆうに超えるスナック菓子のお試し引換券をわずか30ポイントで発行できたりするのだ。1ポイントは1円相当であるため、実質30円で100円超のスナック菓子を購入できるのと同じなのである。

もちろんお試し引換券を発行できる商品は種類が限られているが、割引率がとんでもないのだ。1ポイント=1円で利用するのがバカらしくなるレベルである。

5. からあげクンがウマすぎる
各コンビニエンスストアでは独自のホットスナックを販売しているが、ローソンのからあげクンこそ最強のホットスナックだと言っても過言ではないだろう。単純にからあげそのもののクオリティが高いだけでなく、定期的に期間限定のフレーバーを販売しているためファンを飽きさせないのだ。

03

6. 酒類の品揃えが圧倒的
お酒を飲まない人には縁のない話にはなってしまうが、ローソンは他のコンビニエンスストアと比べて酒類の品揃えが圧倒的である。例えばビール類ならポピュラーな缶ビール、発泡酒などに加え、いわゆる「クラフトビール」なども手広く扱っている。

さらに、地方に行けばご当地の地ビールなどや地酒も販売していることも多い。旅行や出張で地方を訪れた際には、ローソンで酒類を買うと旅の楽しみが倍増すること間違いなしだ。

7. 三鷹の森ジブリ美術館のチケットを唯一購入できる
コンサートやイベントなどのチケットを発券できるサービスはどのコンビニエンスストアでも行っているが、三鷹の森ジブリ美術館のチケットはローソンチケットでしか購入することができない。世界に誇るスタジオジブリが唯一認めたコンビニはローソンなのである。

20160914_03_01

8. 心を落ち着かせる効果がある
ローソンのイメージカラーである青色は気持ちを静め、心を落ち着かせる色だとされている。ローソンに行くとなんだか癒やされるという人も多いのではなかろうか。それはローソンのカラーが青色であることが影響しているのかもしれない。

9. オリジナルのカップラーメンが安くて激ウマ
コンビニの惣菜や弁当などはセブン-イレブンが特に力を入れているというイメージを持っている方は多いだろう。実際、セブン-イレブンの惣菜は非常にウマい。しかし、オリジナルブランドのカップラーメンはローソンに軍配が上がるだろう。豊富な品ぞろえ、コストパフォーマンス、品質、すべてにおいて秀逸だ。

04

10. 略称で揉めることがない
全国に展開しているチェーン店は地方によって親しまれている略称が変わり、友人の間で揉めごとになってしまうことがある。マクドナルドの「マック」「マクド」、セブン-イレブンの「セブン」「セブイレ」「イレブン」、ファミリーマートの「ファミマ」「ファミリマ」などなど、略称が異なることによってどうでもいい衝突を起こす引き金となってしまうのだ。

しかし、ローソンは全国どこに行っても「ローソン」である。店名がそもそも短いため、略称が必要ないのだ。ローソン創業者の優しさが伝わってくる。

ローソンこそが最強である
ローソンはライバルとなるコンビニ間の競争に力を注ぐのではなく、利用者への優しさを前面に押し出していることをおわかりいただけただろうか。「コンビニなんてどこも同じじゃないの?」だなんてとんでもない。ローソンこそが最強のコンビニエンスストアなのである。

もっと詳しく読む: “最強すぎるコンビニエンスストア・ローソンの良いところ10選(バズプラス Buzz Plus)

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。