体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

リアルタイムにVOCALOIDを歌わせる凄いキーボードがアプリになった! 要望に挙がっていたフリックにも対応

先日ガジェット通信で紹介した“リアルタイムにVOCALOIDを歌わせる凄いキーボード! 「売ってくれ」「特許レベル」の声”という記事をご存じだろうか。この記事で紹介したキーボードは演奏しながらボーカロイドを歌わせることができるというもの。キーボードの左側に「子音」「母音」「濁点」「半濁点」の入力ボタンがついており、それにより50音を発声させている。

この動画の中で「フリック入力はどうかな」というコメントが書かれていたが、それを実現したアプリを早速作ってしまった方がいるようだ。

今回のアプリはWindows用アプリでしかもタッチ操作が必須ということから、WindowsOSが搭載されたタブレットを持っている限られた人しか使うことができないが、その出来は制作期間から考えればかなりの物。

インターフェイスは『VOCALOIDキーボード(試作2号)』を参考にしており、更に左側のボタンの個所が、更に入力しやすいタブレットならではのフリック入力になっている。『iPhone』やAndroidでフリック操作が身についたユーザーは、こちらの操作方法の方が断然早く歌わせることができるだろう。

今はWindowsのアプリだが、もしかしたらAndroidや『iPhone』、『iPad』のアプリとして公開される日が来るかもしれないぞ。このアプリのフリック個所に何故か注目が行き「フリックの部分だけ欲しい」というコメントまで書かれている。

VOCALOIDキーボードっぽいものを作ってみた(ニコニコ動画)

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。