体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「消費増税、若者のため」 岡田副総理、ニコ生で「社会保障改革」語る 全文書き起こし<前編>

生活・趣味
岡田副総理

 岡田克也副総理は2012年3月22日夜、ニコニコ生放送の番組に出演し、消費増税を軸とした「社会保障と税の一体改革」について語った。岡田副総理は番組で、ニコニコ生放送を視聴する多くの20・30代の若者たちに向け、消費増税は「若い世代のためである」と主張。図表が描かれたフリップを用い、身振り手振りを織り交ぜながら、約1時間にわたりその内容を説明した。

 以下、岡田副総理が説明した「若者のための消費増税」の考え、前半部分を全文書き起こして紹介する。

・「若者にもきちんと説明したい」 岡田副総理、ニコ生で「消費増税」への理解求める
http://news.nicovideo.jp/watch/nw220387
・[ニコニコ生放送]本記事の書き起こし開始部分から視聴 – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv85913851?po=news&ref=news#0:03

■「消費増税」意見聞く対話集会に「若者が少ない」

司会・角谷浩一氏(以下、角谷): ニコニコ動画をご覧のみなさんこんばんは、コネクターの角谷浩一です。今日は、いつもの番組よりちょっと早いかも知れませんけれど、18時から特別番組をお送りしたいと思います。

 今日は民主党政権・野田政権の岡田克也副総理にスタジオにお越しいただきました。今、消費税の増税問題について、いわゆる消費税関連法案がどのような形にするのか、閣議決定はいつになるのかと、民主党内は社会保障と税の一体化の議論が続いています。一進一退でまだまだ議論は尽きないという状態ですけれど、この合間を縫って今日は副総理にニコニコ動画へおいでいただきました。岡田さん、どうぞ宜しくお願い致します。

岡田克也副総理(以下、岡田): 宜しくお願いします。

角谷: 岡田さんはニコニコ動画のこのスタジオでは1年ちょっと前、1月に幹事長時代に一緒に番組をやらせていただきましたけど、それ以来になります。

 若い人にとっていろいろ議論や批判があるこの消費税の問題を、岡田さんの方からニコニコ動画で「きちんと説明したい」「ぜひやりたい」というお考えで今日はお越しいただきました。やっぱり財源がいろいろ足りなくなっているんだと、ぼんやりとわかりますけれども、どういう問題なのか。今回の社会保障と税の一体改革、これは一体どういうことなのか。ただ増税になるだけじゃないか。どんどん厳しさが増えてきて景気が悪くなっちゃうんじゃないかと、そういう不安が国民にはまだあるようです。

 世論調査を見ても理解する人がまだ多いとは言えない、殊にこれからいろいろな夢や可能性を秘めてる若い人たちが、増税の重みだけを感じるんじゃないかという報道が続いていると心配になる。今日は若い人たちに向けてもぜひ、これは政府としてどういうことを考えているのか、なぜこうなのか、話を伺えればと思っております。

 さて、国会の動きとして、また官邸の動きとして、この法律を党の了解を得て閣議決定して、今度は国会にもっていきたい。国会で今度は与野党の議論をきっちり詰めて、消費税関連法案を今国会中に成立させたいというのが野田政権の最大の眼目ということになっています。その為に例えば岡田さんは全国行脚して、いろんな会合を開いています。そこでの感触はどうですか?

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11次のページ
ニコニコニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会