ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

震災前後で激変 「パラグライダーカメラマン」が撮影した被災地いわき

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
酒井英治さんがモーターパラグライダーで上空から撮影した被災地の姿

 東日本大震災から初めての「3.11」を翌日に控えた2012年3月10日、ニコニコ生放送は福島県いわき市から生放送を行った。「かもめの視線からみた被災地 ~パラグライダーカメラマンが記録する”いわき”~」と題したこの番組では、ゲストに「空撮家」の酒井英治さんを迎え、上空から撮影した被災地の姿を伝えた。

 東日本大震災の津波被害などで347人の死者・行方不明者(2012年2月29日現在)を出した福島県東南部の街・いわき市。そのいわき市内で修理工場を経営する酒井さんは、山の上などから滑空するアウトドアスポーツ・パラグライダーに動力を組み合わせた「モーターパラグライダー」のパイロットだ。これまで、いわき市上空の散歩を楽しみながら、空撮映像を収めたDVD「かもめの視線」のシリーズを3枚リリース。地元の美しい風景を紹介してきた。

 そして、昨年の大震災。酒井さんは翌月の4月には飛行と空撮を再開したが、地震と津波の被害の傷跡も生々しく、行方不明者の捜索が続く中、被災地の上を飛ぶことに葛藤もあったという。しかし、飛行の再開を決意させたのは、地元で空からの映像を記録できるのは自分だけ──という使命感だ。

 低高度からの空撮では、海沿いの住宅地から家が一掃されてしまっている様子や、黒々とした火事の焼け跡が広がる一画をはっきり捉えていた。また、震災前の同じ場所の様子を収めた画像との比較では、地震と津波のすさまじさを伝えた。さらにカメラは、風評被害なども相まって行き場を失い、海岸線を護岸工事のように埋め尽くしている瓦礫や、土嚢の袋に詰められたゴミなどが整然と積み上げられた被災地の「今の姿」をも映し出していた。

◇関連サイト
・[ニコニコ生放送]被災地・福島県いわき市の「空撮」映像から視聴 – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv83329207?po=news&ref=news#44:03

淺川覚一朗

【関連記事】
「あっという間の1年、ハワイアンズ復活が本当に嬉しくて」 新人フラガール・水野のぞ美<インタビュー「3.11」第7回
「ツイッターを通じて出会った人たちに支えられた」復興への思い 被災地高校生・福田順美<インタビュー「3.11」第5回
復興バブルの一方で被災者間差別にダム決壊…大手メディアが報じぬ震災の”光と闇”
ニコ動、福島原発の敷地内に立ち入り取材へ 「カメラにおさめた映像をあますことなく公開」
4号機の中に作業員がいた! ニコ動カメラがとらえた福島第1原発

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ニコニコニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。