ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【東京国際アニメフェア2012】「ソウル国際漫画&アニフェス」ブースが閑散! 担当「アジアで1番のイベント」

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


続いて『東京国際アニメフェア2012(TAF2012)』の情報をお届けしたい。会場内を散策していると「ソウル国際漫画&アニメーションフェスティバル(SICAF)」というブースを発見。気になったので立ち寄って見ると女性が一人と、パンフレット(しかもハングルと英語表記のみ)が置いてあるのみ。

話を聞いてみると次のように語ってくれた。

「ソウル国際漫画&アニメーションフェスティバルは韓国で15回開催されていてアジアで一番大きなイベントなのよ! 5大アニメフェスティバル(広島国際アニメーションフェスティバルなど)の中で最も規模がでかいのです。日本の作品も数多く出展されていますよ。過去には我が国では『テコンV』などの韓国マンガが出展されました」とのことだ。

ソウルアニメーションセンターにて開催される予定で、パンフレットの中には作品の応募用紙が入っていた。現在も作品エントリー受付中のようだ(期限は5月30日まで)。

「ソウル国際漫画&アニメフェスティバル」は7月18日から22日まで開催予定となっている。アジアで一番の規模と言うだけあるが、日本では消極的なようだ。

3月22日から開催される東京国際アニメフェアに「韓国コンテンツ振興院」を確認! 今回も閑散としてるのか?

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP