体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

iPhone『Siri』とドコモ『しゃべってコンシェル』を対決させてみた(対決動画編)

iPhone『Siri』とドコモ『しゃべってコンシェル』を対決させてみた(対決動画編)

ガジェット通信は、iPhoneのiOS5.1から日本語対応した『Siri』と、ドコモのAndroidスマートフォンで使える『しゃべってコンシェル』の2大音声エージェントを対決させる記事をお届けしました。お互いに何ができて何ができないかをレポートした“機能比較編”に続いて、今回は“対決動画編”。実際に検証した動画を公開しています。

前回の記事はこちら:
iPhone『Siri』とドコモ『しゃべってコンシェル』を対決させてみた(機能比較編)
http://getnews.jp/archives/175525[リンク]

動画では前回の記事と同様、音声入力、情報検索、アプリ起動、雑談の項目について、それぞれが反応する様子を収めています。主な見どころは次の通り。

ほとんど触らずにメールが送れる『Siri』 確認しながらステップが踏める『しゃべってコンシェル』

『Siri』ではほとんど端末に触らずにメール送信が可能

メールの送信に音声入力を利用した結果、次のようなやり取りでメールが送信できました。

・『Siri』の場合
ユーザー:メール
Siri:だれに送信しますか?
ユーザー:自分1(「自分」で複数登録があるため)
Siri:自分さんのどのメールアドレスですか? 勤務先、自宅、自宅、その他、またはその他
ユーザー:その他1(複数ある「その他」の最初のもの)
Siri:メールの件名は何にしますか?
ユーザー:おはよう
Siri:わかりました。本文はどんな内容にしますか?
ユーザー:遅刻しないでね
Siri:自分さんへのメールです。送信してもよろしいですか?
ユーザー:はい
Siri:はい、送信します

・『しゃべってコンシェル』の場合
ユーザー:メール
しゃべってコンシェル:メール作成画面を起動します。宛先を教えてください
ユーザー:(マイクボタンをタップして)自分
しゃべってコンシェル:本文はどうしますか?
ユーザー:(マイクボタンをタップして)起きてください
しゃべってコンシェル:自分宛てに「起きてください」のメールを作成します
以降、ユーザーは「作成完了」のボタンをタップし、起動したメーラーで件名を入力、送信します。

『Siri』は端末にほとんど触らずに音声だけでメール送信するのに対して、『しゃべってコンシェル』は要所要所でタップ操作をすることで確認しながら作成します。いずれも、ほぼ音声入力だけで、メール作成と送信ができるのが分かりました。

「わかりません」「理解できません」連発の『Siri』 質問に応じた結果を提示する『しゃべってコンシェル』

『しゃべってコンシェル』は「iPhone」関連のニュースを表示

情報検索では、次のようなワードに対してそれぞれの反応を見てみました。

1 2 3次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会