ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

iPhone『Siri』とドコモ『しゃべってコンシェル』を対決させてみた(対決動画編)

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


ガジェット通信は、iPhoneのiOS5.1から日本語対応した『Siri』と、ドコモのAndroidスマートフォンで使える『しゃべってコンシェル』の2大音声エージェントを対決させる記事をお届けしました。お互いに何ができて何ができないかをレポートした“機能比較編”に続いて、今回は“対決動画編”。実際に検証した動画を公開しています。

前回の記事はこちら:
iPhone『Siri』とドコモ『しゃべってコンシェル』を対決させてみた(機能比較編)
http://getnews.jp/archives/175525[リンク]

動画では前回の記事と同様、音声入力、情報検索、アプリ起動、雑談の項目について、それぞれが反応する様子を収めています。主な見どころは次の通り。

ほとんど触らずにメールが送れる『Siri』 確認しながらステップが踏める『しゃべってコンシェル』

メールの送信に音声入力を利用した結果、次のようなやり取りでメールが送信できました。

・『Siri』の場合
ユーザー:メール
Siri:だれに送信しますか?
ユーザー:自分1(「自分」で複数登録があるため)
Siri:自分さんのどのメールアドレスですか? 勤務先、自宅、自宅、その他、またはその他
ユーザー:その他1(複数ある「その他」の最初のもの)
Siri:メールの件名は何にしますか?
ユーザー:おはよう
Siri:わかりました。本文はどんな内容にしますか?
ユーザー:遅刻しないでね
Siri:自分さんへのメールです。送信してもよろしいですか?
ユーザー:はい
Siri:はい、送信します

・『しゃべってコンシェル』の場合
ユーザー:メール
しゃべってコンシェル:メール作成画面を起動します。宛先を教えてください
ユーザー:(マイクボタンをタップして)自分
しゃべってコンシェル:本文はどうしますか?
ユーザー:(マイクボタンをタップして)起きてください
しゃべってコンシェル:自分宛てに「起きてください」のメールを作成します
以降、ユーザーは「作成完了」のボタンをタップし、起動したメーラーで件名を入力、送信します。

『Siri』は端末にほとんど触らずに音声だけでメール送信するのに対して、『しゃべってコンシェル』は要所要所でタップ操作をすることで確認しながら作成します。いずれも、ほぼ音声入力だけで、メール作成と送信ができるのが分かりました。

「わかりません」「理解できません」連発の『Siri』 質問に応じた結果を提示する『しゃべってコンシェル』


情報検索では、次のようなワードに対してそれぞれの反応を見てみました。

・『Siri』の場合
ユーザー:ドコモ ニュース
Siri:「ニュース」はわかりません。申し訳ありません
ユーザー:RPG
Siri:私には理解できません
ユーザー:カレーの作り方
Siri:「カレーの作り方」をウェブで検索してはいかがですか
ユーザー:株価
Siri:私は知っている情報はこちらです
ユーザー:Twitter 地震
Siri:「Twitter」を検索しています

・『しゃべってコンシェル』の場合
ユーザー:iPhone ニュース
しゃべってコンシェル:「iPhone」関連のニュースをお調べします
ユーザー:RPG
しゃべってコンシェル:ゲーム検索で「RPG」をお調べします
ユーザー:カレーの作り方
しゃべってコンシェル:『Cookpad』で「カレー」のレシピ情報をお調べします
ユーザー:株価
しゃべってコンシェル:おはようございます
ユーザー:Twitter 地震
しゃべってコンシェル:「地震」のつぶやきをお探しします
※『Twitter』上の「地震」のつぶやきを表示

情報検索では、日本語認識能力で勝り、情報の種類に応じた検索結果を提示する『しゃべってコンシェル』に対して、『Siri』は「わかりません」「私には理解できません」を連発することがわかります。「株価」は『Siri』が結果を表示するのに対して、『しゃべってコンシェル』の回答は「おはようございます」……? 何か会話と認識されたのでしょうか。正しい回答かどうかはともかく、『しゃべってコンシェル』は「わかりません」と言わずに、必ず何かしら応答しようとしていることがわかると思います。

アプリ起動では、カメラの起動で結果が大きく異なります。

・『Siri』の場合
ユーザー:カメラ 起動
Siri:申し訳ありません。理解できません

・『しゃべってコンシェル』の場合
ユーザー:カメラ 起動
しゃべってコンシェル:カメラ機能を表示いたします

こちらも『Siri』には「理解できません」と言われてしまいました。動画では、ほかにアラームの起動を検証していますが、こちらは両者とも問題なくアラームをセットできています。

たまに優しい『Siri』 人間味がある『しゃべってコンシェル』


機械的な声で「わかりません」「理解できません」と『Siri』に回答を拒絶され続け、ちょっと悲しくなってきますが、うまく会話がかみ合うと、その喜びが倍増してしまいます。雑談してみると、『Siri』はこんな回答を返してくれましたよ。

・『Siri』の場合
ユーザー:眠たい
Siri:全然寝ていないんですか?
ユーザー:眠たい
Siri:よく聞いてください、今すぐこのiPhoneを置いて少し寝てください。私はここで待っていますから。
ユーザー:よくできました
Siri:すみませんが、私には理解できません
ユーザー:ありがとう
Siri:喜んでいただけて私もうれしいです

一方、『しゃべってコンシェル』はこのような回答。

・『しゃべってコンシェル』の場合
ユーザー:眠たい
しゃべってコンシェル:たまにはゆっくりお過ごしになるのも良いですよ
ユーザー:眠たい
しゃべってコンシェル:私も同じことを考えてました
ユーザー:よくできました
しゃべってコンシェル:お役に立ててうれしいです
ユーザー:ありがとう
しゃべってコンシェル:褒めていただき光栄です
ユーザー:ありがとう
しゃべってコンシェル:え? ど、どうしましょう。。

『Siri』が体を気遣ってくれる! この反応には驚きました。つれないときもあるけど、ユーザーが弱っているときには心配してくれる……ツンデレっぽいと思いませんか? 『しゃべってコンシェル』は普通に会話になっていて、人間味ある受け答えをしてくれているのが印象的です。特に2回目の「ありがとう」に「え? ど、どうしましょう。。」と照れながら答えてくれるのは、思わず「かわいい……」と思ってしまいました。こちらを含め両者の回答は、是非動画でチェックしてみてください。

iPhone『Siri』とドコモ『しゃべってコンシェル』を対決させてみた(ニコニコ動画)
http://www.nicovideo.jp/watch/1332485215

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP