ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

【今週公開のコワイ映画】2017/5/27号:清水崇・製作総指揮『バイオハザード ヴェンデッタ』、『聖ゾンビ女学院』

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

今週公開の怖い映画をご紹介します。

今週は、フルCGアニメーション・シリーズの最新作『バイオハザード ヴェンデッタ』が公開に。人気ゲーム『バイオハザード』の世界観をベースに、歴代ゲームに登場した⼈気のキャラクターや、映画オリジナルの新キャラクターたちが壮絶なバトルを繰り広げるこのシリーズ。『THE NEXT GENERATION パトレイバー』の辻本貴則が監督を務め、言わずと知れた『呪怨』シリーズの清水崇がエグゼクティブプロデューサーを務めております。辻本監督が『バイオハザード』の醍醐味であるアクション要素を活かし、清水監督が恐怖描写を盛り込んでいったというこちらの作品。そんな清水監督と、カプコンの小林プロデューサーのインタビューを公開していますので是非ご覧ください!

記事:『バイオハザード・ヴェンデッタ』清水崇&カプコン小林Pインタビュー「フルCGアニメでホラーもアクションも人間ドラマもやる」

そして今週はもう一作。Pixiv発のアイドルグループ『虹のコンキスタドール』が主演するゾンビ映画『聖ゾンビ女学院』が公開に。監督は、数々の作品でガンエフェクトを手掛けてきた新鋭・遊佐和寿。脚本を、楳図かずお自伝的ホラー『マザー』や『富江アンリミテッド』の脚本を手掛けてきた継田淳が務めており、アイドルホラーと見くびっていると「おおっ」となる、ひねりのある物語に仕上げておりますッ。

それでは今週も、いってらっしゃーい!

予告編が表示されない方はホラー通信の記事をご覧ください – http://horror2.jp/19028

『バイオハザード ヴェンデッタ』  5月27日公開

<ストーリー>
対バイオテロ組織「BSAA」のクリス・レッドフィールドは、ある情報を基に、武器密売組織の拠点である謎の洋館へ突入する。探索の最中、クリスは国際指名手配犯であるグレン・アリアスと対峙するも、信じがたい光景を目の当たりにし、結果アリアスを逃してしまう。

 一方、元ラクーン市警の特殊部隊「S.T.A.R.S.」の一員だったレベッカ・チェンバースは、現在は大学教授として、「死者が甦り、凶暴化する」という不可解な事件の調査、研究に携わっていた。事件の調査により、「新型ウィルス」が関係していることを突き止めた彼女は、治療薬の開発に成功。その直後、研究所が何者かに襲撃され、レベッカは死の危険にさらされてしまう。

 協力を求めるため、新型ウィルスが関わる事件を最もよく知る人物、アメリカ大統領直轄のエージェント組織「DSO」所属のレオン・S・ケネディのもとへ向かうクリス。再会を果たした二人は、アリアスの真の目的が“バイオテロ”だと掴み、その策略を阻止する為、彼を追いニューヨークへと向かうのであった。

上映館:ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国
リンク:映画公式サイト

『聖ゾンビ女学院』  5月27日公開

<ストーリー>
新型ウィルスによって、人肉を喰らう死者=通称“ギンプ”が大量発生し、文明の99%が絶滅した世界――。とある学園に、ひたすら戦闘訓練に励む7人の少女たちがいた。家族をギンプに殺された孤児であり、外の世界をまったく知らない彼女たちは、未来を託された人類復興の光ともいえる存在だったが、ある事件を機に、学園に対する疑惑を募らせる…。

上映館:シネマート新宿
リンク:映画公式サイト

カテゴリー : エンタメ 映画 タグ :
レイナスの記事一覧をみる ▶

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。