体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「苦しい日々の産物が、大一番で最大の武器になる」ついに世紀の絵巻バトル開催!その後の勝者の意外な心境~ツッコみたくなる源氏物語の残念な男女~

ついに本番!歴史に名を残す一大絵巻バトル開催

3月20日頃(旧暦)、ついに”絵合わせ”が開催されました。特設会場の女房控えの間に帝の御座所を設け、左方(斎宮・源氏)と右方(弘徽殿女御・頭の中将)に別れ、それぞれのチームを応援する殿上人も集います。

左方の女童や女房たちは、赤と紫を中心にしたカラーコーディネート。衣や敷物、絵巻を入れた箱の装飾まで統一されています。大人っぽく優美な雰囲気です。右方は青やグリーン、黄色でまとめた色調。こちらは若い女御らしく、モダンで爽やか。応援団もそれぞれ、チームカラーを身に着けて応援します。今の運動会みたいですね。

判定役は帥宮(そちのみや)。朱雀院・源氏の弟で、源氏が須磨に下る前、別れを惜しみに来てくれた人です。ちょっと頼りないが、芸術方面に明るい文化人で、絵にも精通しています。

双方から、次々と大作が繰り出されます。いずれ劣らぬ名画揃い、帥宮も判定に悩みます。藤壺の宮もこの勝負を見守っており、判定に迷いがあるときなどは的確な発言でサポート。ご意見番のような感じでしょうか、源氏は心の中で、宮の助けに感謝します。

「本当にいい絵とは何か」決勝で登場したのはあの絵巻

帥宮は試合の中で、古今の絵についてこんなことを言っています。「紙には限りがあり、どんな絵も本物にはかなわない。上手く見える絵は、絵師のテクやセンスにごまかされているだけで技巧的なのだ」

どんなに上手くてもたかが絵。では、本当に素晴らしい絵とは何なのか。勝負は夜中にもつれ込み、双方あと一巻きを残すのみ。頭の中将は「これが最高傑作だ!」と、自慢の一巻を繰り出しますが、源氏が出してきたのはあの、自筆の海のスケッチでした。

都びとが見たこともないような寂しい磯や浜辺が、精緻に描かれています。余白にはところどころ、哀切な和歌も書き込まれています。絵師たちの力作がフィクションとすれば、源氏の絵巻はさながらドキュメンタリー。「ここでこの絵を出してくるとは!」頭の中将は意外な伏兵に驚きを隠せません。

絵を見る時、人はその中に何を見ているのでしょう。絵の中に自分の心を動かすものを見いだせた時、人は感動するのではないでしょうか。帥宮の言う「テクやセンスにごまかされた技巧的な絵」では表現できない想いが、源氏の絵の中には溢れていたのです。

人びとは勝負を忘れてこの絵に魅入り、左方の圧倒的勝利が決まりました。その後はお酒に楽器の演奏が続き、朝まで昔話に花が咲きます。雅やかなイベントに、身も心も酔いしれた春の一日。この日のことは多くの人が日記に書き綴り、後々まで語り草になりました。

実際に行われたのは和歌の20番勝負『歌合』

絵合わせのモチーフになったと言われるのが、天徳内裏歌合(960年)です。こちらは和歌バトルで、『恋』『桜』『鶯』など、事前に発表されたテーマについて歌人が和歌を詠み、それを朗読者が帝の御前で朗読するというもの。和歌にも音楽にも長じていた村上帝は、国風文化を開花させた立役者でもあります。作者はこのイメージを冷泉帝代に重ね、源氏の最盛期の幕開けを彩りました。

左右に別れての応援、チームカラーの統一、和歌カードを飾る台(洲浜)などにも趣向を凝らした様子や、最終的に左方が勝ち、最後は宴会になってお開きになる点など、共通点が多いです。村上帝代の栄華を伝える出来事として、いろいろな人が日記に書き記した大イベントでした。

詳しい記録が残っただけに、ハプニング等も後世まで伝わることに。「右方の朗読者(源博雅)は、3番めの歌の時、1つ飛ばして次の歌を詠み上げてしまい、周りからツッコまれて慌てて読み直すも、顔面蒼白で声が震え、ろくに読み直せなかった」。うっかりミスまで歴史に残ってしまうとは、当時の日記おそるべし。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。