ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

日常域での究極の快感を求める、ポルシェ 911カレラGTS(海外試乗レポート)

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
▲新しい3L水平対向6気筒ツインターボを搭載したGTS。クーペとカブリオレには、後輪駆動のカレラGTSと4WDのカレラ4GTSをラインナップ。オープントップのタルガには4WDのタルガ4GTSを用意した

▲新しい3L水平対向6気筒ツインターボを搭載したGTS。クーペとカブリオレには、後輪駆動のカレラGTSと4WDのカレラ4GTSをラインナップ。オープントップのタルガには4WDのタルガ4GTSを用意した

GTSの3文字が求めるのは日常域での究極の快感

今や数え切れないほどのワイドバリエーションを誇るポルシェ 911シリーズ。スパルタンな走りの究極にはGT3があるし、絶対的なパフォーマンスで見れば頂点にはターボが存在する中で、カレラGTSの立ち位置は難しい。あえて定義するならば、日常使用の中で快適性を損なうことなく、意のままになるドライビングプレジャーを突き詰めたモデルとなるだろうか。

新しいカレラGTSの心臓は、カレラ/カレラSと同じくツインターボ化された3Lフラット6をベースに、ターボチャージャーの変更などにより最高出力を450psまで高めている。結果としてトルクカーブがフラットに近づいたカレラ/カレラSなどよりもトップエンドでの炸裂感が増していて、回す歓びが高まったこのエンジンの刺激と快感は期待以上のものだ。

専用セッティングのサスペンションは、やや硬い乗り心地と引き換えに徹頭徹尾オンザレールのハンドリングをもたらしている。特にフルタイム4WDのカレラ4GTSなどは、あまりの安定感にドライバーの出る幕なしという感すら抱いてしまったほどだが、それが不満ならばGT3なりターボをどうぞということなのだろう。

個人的に、もし選ぶならタルガ4GTSにする。クーペならGT3の存在がちらつくし、カブリオレはターボでも選べる。タルガ4GTSはスタイリッシュさも含めて、究極のデイリー911として活躍してくれそうだと思うからである。

▲タルガバー(Bピラー)が特徴的なタルガ4GTS。全モデルにターボS由来のセンターロック式20インチホイール(シルキーグロスブラック)を標準装備している

▲タルガバー(Bピラー)が特徴的なタルガ4GTS。全モデルにターボS由来のセンターロック式20インチホイール(シルキーグロスブラック)を標準装備している

▲GTSはトレッドがワイドなカレラ4のボディを採用。ポルシェ・アクティブサスペンション・マネージメントシステム(PASM)やスポーツクロノパッケージを標準装備とした

▲GTSはトレッドがワイドなカレラ4のボディを採用。ポルシェ・アクティブサスペンション・マネージメントシステム(PASM)やスポーツクロノパッケージを標準装備とした

▲新しいステッチ加工が施されたアルカンターラのスポーツシートを装着する。スポーツエグゾーストシステムを標準装備、遮音材を低減しエグゾーストサウンドを強調した

▲新しいステッチ加工が施されたアルカンターラのスポーツシートを装着する。スポーツエグゾーストシステムを標準装備、遮音材を低減しエグゾーストサウンドを強調した

【SPECIFICATIONS】

■グレード:Carrera GTS ■乗車定員:4名

■エンジン種類:水平対向6DOHCターボ ■総排気量:2981cc

■最高出力:450/6500[ps/rpm]

■最大トルク:550/2150-5000[n・m/rpm]

■駆動方式:RR ■トランスミッション:7DCT

■全長x全幅x全高:4528x1852x1284(mm) ■ホイールベース:2450mm

■車両価格:1788万円text/島下泰久

photo/ポルシェ ジャパン

関連記事リンク(外部サイト)

電動化がさらに“深化”した、ポルシェ パナメーラ 4 Eハイブリッド(海外試乗レポート)
一層の軽やかさをまとった新型ポルシェ パナメーラ(海外試乗レポート)
新生ポルシェ 911Rはあくまでストリートに的を絞ったモデルだ(海外試乗)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
日刊カーセンサーの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。