体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本一高い納豆「鶴の子」は、納豆好きがたどり着く理想郷!

日本一高い納豆「鶴の子」は、納豆好きがたどり着く理想郷! f:id:Meshi2_IB:20170411151324j:plain

こんにちは。お給料日の前日は、3パック 64円の納豆が食卓を彩ります。ネギやミョウガで薬味たっぷりにして食べたり、トーストに乗っけたり、パスタに混ぜたり……。いろんなアレンジがきいておいしく、何より驚きのあの安さ! とっても助かっています。

そんな、納豆の安さを褒めたたえる私の目に、常識を覆すようなキャッチコピーを目にしました。

「素材にこだわる日本一高い納豆」!

これ、「鶴の子」という納豆のことです。2パック540円、1パックには30gの大粒納豆が入っています。

f:id:Meshi2_IB:20170411152122j:plain

素材にこだわる!? 日本一高い!? 納豆にそんな世界があったのか……。3パック 64円とどれほどの差があるのだろうか……。2パック 540円ということは、単純計算で約12倍高い納豆……。

正直に言うと私は、安いから買っていた大豆だから何か健康に良いだろう程度で納豆に手を出していた、いわゆる意識低い系の納豆ファン

恐る恐る取り寄せだ!

その箱はひんやりと静かに到着した……

f:id:uchitomi:20170402180007j:plain

「鶴の子」をお取り寄せしたのは、秋田県の「有限会社 ふく屋」の店舗「納豆専門店 二代目 福治郎」から。北海道産の鶴の子大豆を100%使用していて、通常の3倍もの時間をかけて発酵・熟成をしているそう。日本一高いといわれるだけあって、まさにキング・オブ・ナットウ!

f:id:Meshi2_IB:20170411155942j:plain

外箱の中には、パッケージングされた「鶴の子」、商品紹介のパンフレットのほかに、納豆の取扱説明書が入っていました。

f:id:Meshi2_IB:20170411154636j:plain

取扱説明書には、袋の開け方やおいしい食べ方、さらにはオススメの薬味まで掲載されていました。

f:id:Meshi2_IB:20170411154941j:plain
1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会