体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

iPhone『Siri』とドコモ『しゃべってコンシェル』を対決させてみた(機能比較編)

『Siri』が何だ! ドコモのAndroidには『しゃべってコンシェル』があるじゃないか!(機能比較編)

『iPhone』の音声認識操作『Siri(シリ)』がiOS 5.1から日本語対応したことにより、先週から端末との会話をキャッキャウフフと楽しんでいるiPhoneユーザーたち。「ぐぬぬ。楽しそう……」と思っているAndroidユーザーもいるのではないでしょうか。ドコモのAndroidスマートフォンを使っている方には『しゃべってコンシェル』がありますよ! 『しゃべってコンシェル』をAndroidスマートフォンにインストールし、iPhoneの『Siri』と対決させてみました。まず今回は“機能比較編”。対決は動画も撮影したので、動画編集が終わり次第“対決動画編”をお届けします。

概要をおさらい

『しゃべってコンシェル』は、NTTドコモが3月1日からドコモのAndroidスマートフォン向けに提供している音声エージェント機能。ユーザーが端末に話しかけた音声を認識して、ユーザーが知りたい情報や機能を提供します。『しゃべってコンシェル』はアプリとして『Google Play(旧Androidマーケット)』で公開されており、インストールと利用は無料。

『Siri』は、iOSに搭載される音声認識操作の機能。ユーザーが端末に話しかけた音声を認識して、ユーザーが求める機能を提供します。情報の提供もできるのですが、端末に内蔵されたアプリやウェブ検索を使って回答する、というイメージ。『しゃべってコンシェル』は、ユーザーが求める情報に適したサービスを選択して結果を回答するという方式です。その違いについては結果を見ていただくと分かります。

いよいよ対決!

Siri しゃべってコンシェル

『Siri』と『しゃべってコンシェル』の対決は、大きく分けて以下の項目について実施しました。端末は『iPhone 4S』と『ARROWS X LTE F-05D』を使っています。

(1)音声入力
(2)情報検索
(3)アプリ起動
(4)雑談

“音声入力”では、文字の入力に音声を利用するケースで比較します。“情報検索”では、ユーザーが欲しい情報をどのように提供してくれるかを検証。“アプリ起動”では、音声を認識してユーザーが必要とするアプリを起動する動作を比較しました。雑談は文字通り、端末へ何気なく話しかけた内容にどう反応するかを見ていきます。

キーボード代わりに使える音声入力

音声入力では、メールの作成とメモの作成を試してみました。詳細な応答のやり取りは“対決動画編”で動画と一緒に見ていただくことにして、今回はそれぞれの作業にどういう手順で対応していくのかまとめてみます。

○メールの作成
『Siri』
ホームボタンを長押しして「メール」と話しかけると、メール作成画面を表示。宛先、件名、本文を順番に聞かれるので音声入力していきます。すべて埋まると確認画面が表示され、「送信しますか?」と聞かれるので「はい」と答えるとメールを送信します。

『しゃべってコンシェル』
『しゃべってコンシェル』アプリを起動して「メール」と話しかけると、メール作成画面が表示されます。宛先を聞かれるので、宛先を音声入力。アドレス帳にある連絡先を探し出して、宛先に設定してくれます。次に本文の内容を聞かれるので、本文を音声入力します。入力項目が埋まったので、「作成完了」ボタンをタップ。

すると、端末のメーラーを起動します。複数のメールアプリがインストールされている場合は、アプリを選択して起動。宛先と本文が入力された状態になっているのですが、件名はメーラーで入力する必要があり、入力後に送信して作業が完了。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。