ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

日本にも来るぞ! フィリピン発祥の国民的ファーストフード店『ジョリビー』に行ってきた

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

dsc_0190

フィリピンではマクドナルドよりも多くの店舗数を構えるフィリピン人の国民食、それが『Jollibee(ジョリビー)』です。米国、香港、サウジアラビアなど国外にも店舗を構え、時期は未定ですが日本への進出を検討していることも報じられています。

いったいどんなフードメニューを提供しているのか、マニラの空港に隣接する店舗に行ってきました!

dsc_0128

訪れたのが正午頃とあって、レジには長い行列が。注文までに30分ほど並びました。

dsc_0152

dsc_0142

看板メニューのフライドチキンに加え、ハンバーガー、スパゲッティ、ハンバーグステーキなど、多種多様なメニューがズラリ。マクドナルドとケンタッキーを合わせたようなイメージでしょうか。お昼時にチーズベーコンバーガーがソールドアウトという謎采配はさておき、筆者はチキンの2ピースセットを注文してみました。

dsc_0153

チキンを注文するとライスが付いてくるのがこの店の特徴。お値段は約350円という驚きのコスパです。

dsc_0178

クリスピーな食感でパリッとした衣の下に、柔らかくジューシーなチキンが。

dsc_0175

そのままでも程よくスパイシーなテイストを楽しむことができますが、日本ではあまり馴染みのない“グレイビーソース”をつけて味わうのがジョリっ子の流儀。ソースは「ぶっちゃけ、よく分からない味」なのですが、なんとなく甘みがあってチキンの味がまろやかに感じました。好みは分かれると思います。

そもそもグレイビーソースとは、調理された肉から出る肉汁をベースに作られるソースのこと。フライドチキンに肉汁をかけるとは、なんてグルメな国民なんだ! しかし、ライスは正直なところ残念な感じだったので、もし日本で日本人向けに展開するとなれば改善が必要だと思われます(在日フィリピン人がターゲットかもしれませんが)。

dsc_0187

「フィリピンのソースは基本的に甘い」と聞いていたので、試しにスパゲッティも食べてみました。スライスされたハム、ソーセージ、トマト、チーズなどがトッピングされています。確かに甘い。ミートソースだと思って食べたら、どちらかというとナポリタンに近い味わいでした。約123円なのでおやつ感覚で食べられますね。

dsc_0131

フィリピンのキング・オブ・ローカルフード『ジョリビー』。もし日本に上陸するとなれば、価格設定は? 味付けは? そのコンセプトにも注目しつつ、動向を見守りたいと思います。

『Jollibee』公式サイト:
http://www.jollibee.com.ph/

よしだたつきの記事一覧をみる ▶

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。