ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

KDDI、Galaxy S8 SCV36とGalaxy S8+ SCV35を6月8日に発売

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

KDDI は 5 月 23 日、au 2017 年夏モデルのスマートフォン新機種として、Samsung 製 Android スマートフォン「Galaxy S8 SCV36」「Galaxy S8+ SCV35」を発表しました。発売日は 6 月 8 日で、6 月 7 日まで予約し、6 月 30 日までに購入すると、2017 年モデルの Gear VR こと「Galaxy Gear VR with Controller」がプレゼントされます。Galaxy S8 / S8+ は “インフィニティディスプレイ” と呼ばれる狭額縁の大画面ディスプレイを搭載した Samsung の 2017 年グローバルフラッグシップで、Galaxy S8 は 5.8 インチ、Galaxy S8+ はより大きな 6.2 インチディスプレイを搭載しながらも、5.5 インチ画面の Galaxy S7 edge とさほど変わらない筐体サイズを実現しています。OS は最新の Android 7.0 Nougat です。端末の基本スペックはグローバルモデルと共通の内容ですが、国内版はプロセッサが Exynos 8895 から Snapdragon 835(MSM8998 2.35GHz オクタコア)に変更されています。ベンチマーク的には Exynos 8895 の方が高いスコアを出しているので、性能面ではグローバルモデルの方が優位と言えますが、体感的な違いはほとんどないでしょう。(参考)Samsung、デザインを刷新した「Galaxy S8」「Galaxyx S8+」を発表また、国内版のメモリ構成は両機種とも 4GB RAM + 64GB ROM となっています。少なくとも、海外向けの Galaxy S8 Snapdragon 版は一部に UFS 2.0 ストレージが使用されているので、国内版でもそうなっている可能性があります。ご注意ください。国内版はグローバルモデルとは異なり、ワンセグ、フルセグ、おサイフケータイ(FeliCa)といった独自機能にも対応しています。カラバリは、Galaxy S8 がオーキッド グレー、コーラル ブルー、ミッドナイト ブラック、Galaxy S8+ がミッドナイト ブラック、アークティック シルバーとなっています。Source : KDDI

■関連記事
KDDI、Xperia XZs SOV35を5月26日に発売
AmazonプライムビデオのAndroidアプリ、シーズン作品の連続視聴が容易に
HandtecでBlackBerry KEYoneの販売が開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。