体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

インディーゲームの祭典『A 5th of BitSummit』が閉幕 『BitSummitアワード』に12作品が選出される

インディーゲームの祭典『A 5th of BitSummit』が閉幕 『BitSummitアワード』に12作品が選出される

日本のインディーゲームを世界へ発信することを目的に2013年に立ち上がったイベント『BitSummit』。第5回のイベント『A 5th of BitSummit(フィフス オブ ビットサミット)』が5月20日(土)から21日(日)の2日間、京都・みやこメッセで開催されました。

昨今の日本のインディーゲームシーンの活況を生み出し、数々の注目作品がいち早くお披露目されてきた同イベント。今年は約101組のインディーゲーム開発者が作品を出展し、最終日には8部門にわたって『BitSummitアワード』が選出されました。

例年、大賞として発表される朱色賞(VERMILION GATE AWARD)はPixel Perfexの『EARTH ATLANTIS』が受賞。この記事では、全受賞作品に加え各部門のノミネート作品も併せてご紹介します。

VERMILION GATE AWARD
A 5th of BitSummitの中でもっとも優秀な作品に贈られる賞

Pixel Perfex『EARTH ATLANTIS』
http://bitsummit.org/2017/projects/648/?lang=ja[リンク]
http://pixel-perfex.com/[リンク]
Earth Atlantis(YouTube)
https://youtu.be/dFctvmkPdKg

受賞理由:
日本的ゲームの古典といえる横スクロールシューティングゲームの要素をうまく踏襲し、それをさらに昇華している。レトロの調の色彩やユニークなキャラクターデザイン、またグラフィックだけでなく技術的にも優れている。

かつて日本にインディーゲームがないと言われていた中で、インディーコミュ二ティーが育まれ、世界に知られるようになったのと同様に、タイにも素晴らしいインディーゲームありという事を世に示すという意味でも、今回のBitSummit大賞受賞にふさわしい作品である思う。

ノミネート:
・kass-stwa『HEADS RUN』
http://bitsummit.org/2017/projects/465/?lang=ja[リンク]
http://kassstwa.main.jp/[リンク]
・ココノエ『ピーポーパニック!』

POPULAR SELECTION AWARD
イベント参加者からの投票でもっとも得票が多かった作品に贈られる賞

Implausible Industries『RESEARCH AND DESTORY』
http://bitsummit.org/2017/projects/269/?lang=ja[リンク]
http://implausibleindustries.com/research-and-destroy/[リンク]
Research And Destroy – December 2016 build playthrough(Youtube)
https://youtu.be/tHJ6HXJE_wI

1 2 3 4 5次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy