体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「あの日に帰りたい……」恋路の邪魔は源氏の報復?後宮の覇権をかけた熱狂的絵巻バトル開催へ~ツッコみたくなる源氏物語の残念な男女~

効果バツグン!年の差カップルを結びつけた共通の趣味

源氏側の「ゴリ押し」にも見えた年の差カップル、冷泉帝と斎宮女御。最初は年の近い弘徽殿女御と公平に扱っていた冷泉帝ですが、ある時から斎宮の元へ入り浸りになります。2人の仲を急接近させたのは共通の趣味でした。

帝は絵を見るのも描くのも好きで、貴公子たちの中でも、絵の上手な人がお気に入り、というほど。一方の斎宮も絵が大変上手です。おっとりしたお姉さんが絵筆を持って「次はどんな風に描こうかしら…」と悩んでいる様子がとっても可愛らしく、帝はどうしてもこちらに居続けるようになりました。趣味の効果は絶大です。

危機感を覚えたのは頭の中将。ゴリ押し年の差カップルだからと甘く見ていたのに、これは想定外の展開。でも絶対に源氏に負けたくない!「帝が今までご覧になったことがないような、斬新で珍しい絵をご用意せよ!」と号令し、自宅に絵師たちを集めてカンヅメさせ、極秘に絵巻を仕立てます。

今見ても面白い!人びとを夢中にさせた絵巻の世界

平安時代頃から本格化したと言われている”絵巻”。高価な紙や画材、素材を使って作られる絵巻は上流階級の楽しみの一つでした。古くからの絵巻を大切に所蔵・収集・修復するのはもちろん、新作づくりや、古い作品のリファインも盛んだったようです。源氏物語が書かれた時期の絵巻は残念ながら現存しないようですが、絵を描くシーンや絵巻を見るシーンは、貴族たちの身近な娯楽としてよく登場します。

筆者も参考までに『絵巻マニア列伝』という企画展を観てきました。平安末期から江戸時代までのコレクションで、絵物語絵や戦記物などの美麗なもの、壮大なものから、イラスト集やギャグマンガ風のものまで、知られていない作品も多く大変面白かったです(オナラネタが多かったのが印象的)。『海幸山幸』のお話では、海の生き物たちが擬人化され、今で言うコスプレっぽくなってるのも可愛かったです。

個人な感想としては、絵巻はコマ割りのない、横スクロールのカラーマンガを見ているような感じでした。詞書は別立ての事が多いですが、絵だけで話の流れがわかるものも多く、筆者の隣で見ていた見知らぬおばさん二人組は、ゲラゲラ笑っていました。

絵巻制作の裏側も紹介されており、「詞書は字のうまい○○院にご依頼しよう」「一巻は最初なので特に凝った装丁にして、紙も地紋入りの特別エディションに!」など、当時の絵巻プロデューサーの企画・依頼書や、絵巻オタクの情熱がびっしり書き込まれたメモ(字の密度が異常)、絵好きの父子で絵の貸し借りをした時のお礼状などもあり、”見る・描く・創る”それぞれの立場のアツい思いをうかがい知ることが出来ました。現代人がこれほどマンガ大好きなのも、なるほどそうかと思える内容でした。

「続きが見たい!」持ち出し禁止&小出し作戦で帝を釣る

弘徽殿女御のところにも面白い絵があると聞いた帝は「これはすごい。斎宮にも見せてあげたい!」。でも、頭の中将は「こちらは全て、持ち出し禁止でございます」。しかも勿体つけてすぐにしまってしまい、ゆっくり見せてくれません。更に「今も鋭意製作中ですから、新作にご期待下さいね」とPR。こうなると、帝はちょくちょく弘徽殿に足を運ばざるを得ません。

『絵巻マニア列伝』では、室町幕府9代目将軍・足利義尚が「僕のお気に入りの絵巻!あれが今すぐみたいんだよ~!!」とねだったエピソードも紹介されていました。9歳で将軍職に就いたものの名ばかりで、趣味に走るしかなかった彼は、有名な絵巻オタク。あちこちでこれを繰り返し、返却しないこともあったので”絵巻狩り”とも。ちょっとジャイアンみたい。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。