体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

捨てたゴミから必要なものをリスト化し注文!スマートゴミ箱「GENI CAN」

g001ついにゴミ箱までスマート化?でも、ゴミ箱がスマート化したところで…と侮るなかれ。

スマートゴミ箱「GENI CAN」を使えばすると、なんとも煩わしい日常のタスクをぐっと減らすことができそうだ。

・ゴミ箱にとりつけバーコードをスキャン

「GENI CAN」は、ゴミ箱にとりつけるタイプのデバイス。

使い終わった空の容器などのゴミを捨てる前にバーコードをスキャンすることで、捨てたものを記録。

g002

必要なものを把握してくれ、自動的に買い物リストを作成してくれる。「なくなったから買わなきゃ」と覚えておいたりメモしておく必要はもうなくなるのだ。中にはバーコードがないゴミもあるはず。

そのようなものは、ゴミの名前を読みあげることで記録することができる。

・アプリ上にリストを作成、メッセージ受信も

スキャンされた品物はアプリ上でリスト化され、買い物の際にチェックすることが可能。さらにゴミ箱にゴミがたまればメッセージを送信して知らせてくれるなどの機能も。いつでもクリーンなゴミ箱を保つことも可能だ。

自動的にアマゾンに注文することもできるので、「買い忘れ」とはもう無縁になりそうだ。
GENI CAN

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会