ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

野性爆弾くっきーのInstagram顔芸がヤバい! 芸人仲間やトランプ大統領、果てはスヌーピーまで……

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

tmp_5127-_20170520_083432438211094

画家やミュージシャンとしての活動でも異彩を放つ人気お笑いコンビ『野生爆弾』くっきーさん。彼の作品、芸風は単なるお笑いとしても充分面白いが、ひとつアーティストとしての芸術的なこだわりを感じられるのが人気の秘訣だろう。

そんなくっきーさんが今また画像投稿SNS『Instagram』上で超個性的な“顔芸”を披露して大きな注目を浴びている。

『肉糞 太郎』(nikuguso_taro)

tmp_5127-_20170520_0836381826665829

tmp_5127-_20170520_083652-1386683444

tmp_5127-_20170520_083509-1398652492

tmp_5127-_20170520_083534-1751094466

tmp_5127-_20170520_083612-2056232077

tmp_10210-_20170520_083707-719589880

表現の対象は宮迫博之さんや蛍原徹さん、たむらけんじさんといった芸人仲間からきゃりーぱみゅぱみゅさん、柴田理恵さんなどタレント、果てはトランプ大統領から、キャラクターのスヌーピーまで多彩。

さまざまなメッセージが込められていそうだが、一筋縄では意図を理解できないあたりがくっきーワールドだろうか。

くっきーさんの顔芸自体はべつに最近始まったわけでもないのだが、コメント覧を見るとInstagram利用者に多い若い女性層から絶大な支持を受けているようだ。

admin-ajax

「くぅちゃんやばすぎ」
「天才」
「好きすぎる…(/ω\*)」

など、その評価はアイドルと芸術を足して2で割ったキャピキャピぶり。なんともうらやましい限りだが、これだけの顔芸なら人気が出るのも当然だ。

未だ見たことが無いと言う方はこの機会にぜひチェックしていただきたい。

※画像は「Instagram」から引用しました

中将タカノリの記事一覧をみる ▶

記者:

1984年生まれ。奈良市出身のシンガーソングライター、音楽・芸能評論家。加賀テツヤ(リンド&リンダース)の誘いで2005年にデビュー。音楽活動、タレント活動、執筆活動と多岐にわたる分野で活躍している。代表曲に「だってしょうがないじゃん」(2011年)。2016年からキャラクター、音楽制作を務める「うえほんまち ハイハイタウン」CMが放送開始。日本酒が好き。

ウェブサイト: http://chujyo-takanori.com

TwitterID: chujyo_takanori

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。