ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

映画『エイリアン: コヴェナント』のファンアートはどれもクォリティ高すぎ パラパラ漫画からスイーツまで

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

日本での公開は9月15日ですが、全米では本日より公開されるエイリアンシリーズの最新作『エイリアン: コヴェナント』。1979年に1作目が公開されてから40年近く続いてるシリーズだけあって世界中のファンがインターネット上で数え切れないほどのファンアートを公開しています。

イラスト系のものが主流ですが、中にはそこまでやるかというクォリティのファンアートがあったりもします。そんな『エイリアン: コヴェナント』関連のファンアートで筆者が思わず2度見してしまったものをいくつかご紹介します。

Alien Covenant Flipbook-Inspired Animation(YouTube)
https://youtu.be/HEesSc4goTY

まずはパラパラ漫画。シンガポール在住のマレーシア人女性グラフィックデザイナー、Serene Teh氏が『YouTube』で公開しています。エイリアンが襲ってくる様子がパラパラ漫画で表現されています。予告編の一つとしても成立しそうな出来栄えじゃないでしょうか。同氏は「エイリアンシリーズを含むSF映画が大好き」だそうで、「『エイリアン』のデザイナー、H・R・ギーガーをリスペクトしています」と語ってくれました。

Alien (Covenant) Pancake Art(YouTube)
https://youtu.be/aAC2FEqrLqg

続いて、アメリカのセントルイス出身Dr. Dan氏とHank氏のコンビ、Dancakesが『YouTube』で公開したパンケーキアートです。食欲がそそられるかどうかは別として、エイリアン関連のイベントやコアなエイリアンファンの誕生日パーティなどではウケそうなパンケーキですね。

スペインのマドリード在住のグラフィックデザイナー、Juan Hernando氏が『Instagram』で公開したのは、フェイスハガーモチーフのケーキ。同氏もまた「『ブレードランナー』や『エイリアン』などのSF映画が好き」とのことですが、実はこのケーキは彼が作ったものではありません。「私同様に『エイリアン』の大ファンの友達の誕生日パーティーがあったのですが、サプライズでプレゼントされたのがこのケーキです。世界中の人とシェアしたくてパーティーで撮影した写真をインスタに投稿しました。見た目によらず美味しかったですよ」と裏話を教えてくれました。

トリを務めるのは、アメリカのロサンゼルス在住の女性アーティスト、Christine McConnell氏によるお菓子アートです。クォリティが半端ないので2度見どころではなく何度も見返してしまいます。それもそのはずで、これらの作品は20世紀フォックスと正式にコラボしたものだそうです。記事冒頭の写真も彼女の作品となります。

イチゴケーキとクッキーが素材のエイリアンエッグ

22インチ(約56cm)のフェイスハガークッキー

チェストバスターモチーフのパイ

「エイリアンの1作目が私が見た最初のホラー映画です。それから大のエイリアンファンになってしまいました。『プロメテウス』が一番のお気に入りです」というMcConnell氏ですが、コラボについてはバイタリティ溢れるアメリカ人女性らしく「20世紀フォックスに直接連絡して企画を提案しました」とのこと。エイリアン関連以外にも彼女のアートはかなり有名でこれまでにもABCニュースなど大手のメディアで何度も取り上げられています。『Instagram』や『Imgur』で他の作品を見ることが出来るので興味があれば是非ご覧ください。

https://www.instagram.com/christinehmcconnell/[リンク]
http://imgur.com/user/ChristineHMcConnell/submitted[リンク]

『エイリアン: コヴェナント』は日本では9月15日公開ですが、映画だけでなく新たなファンアートも楽しみに待ちたいものです。

※画像:
https://www.flickr.com/photos/christinehmcconnell/
https://www.instagram.com/p/BTebZ5hBvVO/

※ソース:
https://www.youtube.com/watch?v=HEesSc4goTY
https://www.youtube.com/watch?v=aAC2FEqrLqg

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。