ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今週末開催! インディーゲームの祭典『A 5th of BitSummit』がステージタイムテーブルを発表

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

今週末開催! インディーゲームの祭典『A 5th of BitSummit』がステージタイムテーブルを発表
日本のインディーゲームを世界へ発信することを目的に2013年に立ち上がったイベント『BitSummit』は、2017年5月20日(土)から21日(日)にかけて第5回のイベント『A 5th of BitSummit(フィフス オブ ビットサミット)』を開催します。5月18日、主催の日本インディペンデント・ゲーム協会(JIGA)がとステージタイムテーブルを発表したほか、登壇者を追加発表しました。

bitsummit2017_schedule2
発表されたステージタイムテーブルは以下の通り。今回も国内外のインディーゲーム開発者による講演が目白押しです。21日には、一般来場者が参加可能なゲーム大会の企画も。

■5月20日(土)
10:00 – 10:10 | BitSummit Opening Ceremony
10:20 – 10:50 | 稲葉 敦志(プラチナゲームズ株式会社)
【テーマ】『Seeds』・新企画の立ち上げへの考え方
11:00 – 11:20 | 尾上 将之 & 伊藤 博人 & 小川 一美(株式会社ゲームフリーク)
【テーマ】ポケモンの開発元、ゲームフリークが育てるインディペンデント魂と”GIGA WRECKER”
11:40 – 12:00 | 會津 卓也(株式会社インティ・クリエイツ)
【テーマ】Nintendo Switchにおける開発の実情と新作発表
12:10 – 12:30 | 須田 剛一(株式会社グラスホッパー・マニファクチュア)
【テーマ】電撃PS連載「キテル51インディーズ」@BitSummit
12:40 – 13:10 | 新川 宗平(株式会社日本一ソフトウェア) & 林克彦(週刊ファミ通 編集長)
【テーマ】日本一企画祭とインディースピリッツ
13:20 – 13:50 | Streaming for a Global Audience(Twitch / Chyado Sensei / GirlGamerGab / RobyLou)
【テーマ】バイリンガルのストリーマーが語学をいかしたコンテンツストリーミングや日本でのストリー マー業界への参入方法について語る
14:00 – 14:30 | IGN JAPAN presents「 クイズバトル!せきららクリエイターズ」
14:40 – 15:00 | 松浦 雅也 & 吉田 修平(SIE ワールドワイド・スタジオプレジデント)& サカモト教授
【テーマ】音楽とインディーゲーム
15:10 – 15:30 | Greg Rice(Double Fine Productions)
【テーマ】ダブルファインプレゼンツ
15:40 – 16:00 | 小山順一朗 & 田宮幸春(株式会社バンダイナムコエンターテインメント)
【テーマ】アーケードVRの歴史
16:20 – 16:50 | Live Game Chip-tunes(サカモト教授)
17:00 | 閉会(Closing)

■5月21日(日)
10:00 | 開会(Opening)
10:10 – 10:40 | Jo-Remi Madsen(D-pad studio)
【テーマ】10年の歳月という汗と努力の結晶を経て
11:00 – 11:20 | 乃一文香(株式会社アルヴィオン)
【テーマ】オリジナルゲームに挑戦し続けている理由 ~マリシアスの誕生~
11:30 – 11:50 | Nikita Mikros(BumbleBear Games)
【テーマ】10プレーヤーのマルチプレイヤー狂気!
12:00 – 12:20 | IGA(株式会社 ArtPlay)
【テーマ】ゴシックホラーに侍?
12:40 – 13:00 | Baiyon(Q-Games)
【テーマ】「Eden Obscura」について
13:10 – 13:40 | Indies Cross Talk(Jinsub Jung、Joakim Sandberg、Kayinworks、Ogre Head、Radical Fish)
【テーマ】日本のゲーミングルーツが海外インディーズのインスピレーションに
13:50 – 14:10 | 安藤武博(株式会社シシララ)& 四井浩一
【テーマ】『鈴木爆発』『ストライダー飛竜』通好みのゲームはどのようにつくられるのか?
14:30 – 14:50 | 二木 幸生 (グランディング株式会社)
【テーマ】ゲームシステムのアイデアを出す方法
15:10 – 15:55 | BitSummit Game Tournament
司会:ベン・ジャッド / 進行サポート:松下絵美 / クリエイター:SUDA51/須田剛、二木幸生、中村隆之、倉島一 幸、木村祥朗、伊藤良太、角川千里、乃一文香、安藤武博、四井浩一、五十嵐孝司、Jo-Remi Madsen、Kelly Wallick、Greg Rice、James Mielke、Joshua Boggs
16:00 – 17:00 | 授賞式 (Awards Ceremony)

追加発表されたステージ登壇者は次の通り。

稲葉敦志(プラチナゲームズ)
會津卓也(インティ・クリエイツ)
新川宗平(日本一ソフトウェア)
溝上侑(日本一ソフトウェア)
林克彦(カドカワ)
Chyado Sensei
GirlGamerGab
RobyLou
グレグ・ライス(ダブルファイン・プロダクションズ)
田宮幸春(バンダイナムコエンターテインメント)
小山順一朗(バンダイナムコエンターテインメント)
IGA/五十嵐孝司(ArtPlay)
Baiyon(キュー・ゲームス)
Jinsub Jung
Joakim Sandberg
Kayinworks
Ogre Head
Radical Fish

昨今の日本のインディーゲームシーンの活況を生み出し、数々の注目作品がいち早くお披露目されてきた同イベント。前回の第4回は6000人以上の来場者を集めるという大イベントに成長、第5回は前回の1.5倍の会場規模で開催します。

『A 5th of BitSummit』開催概要
日程:2017年5月20日(土)・21日(日)
時間:10:00~17:00
会場:京都勧業館「みやこめっせ」1階 第2展示場
主催:BitSummit 実行委員会
・一般社団法人日本インディペンデント・ゲーム協会(JIGA) ( Q-Games Ltd. / PYGMY STUDIO CO., LTD. / VITEI BACKROOM Inc. / O-TWO inc. / 17-Bit / Digital Development Management, Inc. / Indie MEGABOOTH )
・株式会社ワン・トゥー・テン・ホールディングス
・株式会社インピタス
・京都府
制作:株式会社オリコム

BitSummit
http://bitsummit.org/

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。