体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

新生インサイト、3度目の正直となるか!?

▲おなじみの流線形シルエットと、最新のホンダ顔を身につけて現れる、ホンダのプラグインハイブリッド。ネーミングには、再びインサイトが用いられる可能性もある

▲おなじみの流線形シルエットと、最新のホンダ顔を身につけて現れる、ホンダのプラグインハイブリッド。ネーミングには、再びインサイトが用いられる可能性もある

北米で発表された新環境車、日本では?

北米ニューヨークモーターショーで、ホンダがクラリティFCとコンポーネントを共有する、プラグインハイブリッド車および、EVを発表した。では、お膝元である、日本ではどのようなモデル展開をしていくのだろうか。さすがに、クラリティは車体サイズが大きすぎて、日本の道路事情には合わないだろう。プリウスと戦うにも不利だ。そこで、日本市場を重視して開発されているのが、新たなハイブリッド専用車だ。ホンダは、シビックのシャシーを活用して、プリウス対抗のハイブリッドカーを用意する結論に至った。

興味深いのは、車名にインサイトを再び採用する計画が、持ち上がっていることだ。

これまでに2回途切れたモデルライフ

インサイトはホンダのハイブリッドカーを象徴する名称として、1999年に初めて用いられ、数年のブランクを経て2009年に2代目が登場した。2014年に生産が終了して、ブランドは再び途切れてしまったが、もし再利用されるなら三度目の正直ということになる。二度あることは三度あるに陥らないことを祈るばかりだ。

▲当時のプリウスをしのぐ燃費性能を実現し、ガソリン車トップの燃費を掲げて1999年に登場した、ホンダ初の量産ハイブリッド車。アルミ採用の軽量骨格が用いられ、2シーターに仕立てられ車重は850kg以下に抑えられた。2006年に生産終了

▲当時のプリウスをしのぐ燃費性能を実現し、ガソリン車トップの燃費を掲げて1999年に登場した、ホンダ初の量産ハイブリッド車。アルミ採用の軽量骨格が用いられ、2シーターに仕立てられ車重は850kg以下に抑えられた。2006年に生産終了

▲約2年半のブランクを経て、2009年に5人乗り、5ドアハッチバックの2代目インサイトが登場。ボディは引き続き5ナンバー幅に抑えられたが、排気量は1.3Lに拡大。数ヵ月後に登場した3代目プリウスの値づけに影響を及ぼしたともいわれている。2014年に生産終了

▲約2年半のブランクを経て、2009年に5人乗り、5ドアハッチバックの2代目インサイトが登場。ボディは引き続き5ナンバー幅に抑えられたが、排気量は1.3Lに拡大。数ヵ月後に登場した3代目プリウスの値づけに影響を及ぼしたともいわれている。2014年に生産終了

新生インサイトには、前述のクラリティにも用いられる、アトキンソンサイクルの1.5Lエンジンを採用。こちらもプラグインハイブリッドに仕立てられるが、エンジンが駆動力を発揮する場面は少ないことから、レンジエクステンダーと呼んでも過言ではなさそうだ。

▲エンジンは、フィットなどにも採用される、1.5Lユニットが流用される。既存のエンジンが発電用にも用いられる方式は、ノートe-Powerと同じで、手持ちの技術を流用することで、開発費が抑えられる

▲エンジンは、フィットなどにも採用される、1.5Lユニットが流用される。既存のエンジンが発電用にも用いられる方式は、ノートe-Powerと同じで、手持ちの技術を流用することで、開発費が抑えられる

歴代インサイトのDNAを踏襲

エクステリアは、空力特性を考慮した、流線型フォルムに仕上がる可能性が高い。説明するまでもなく、歴代インサイトも流れるようなシルエットを身につけて現れており、その血筋を引くことは想像に難くない。

1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会