体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

裏社会ライター・丸野裕行が体験した“拉致・監禁”の恐怖!

裏社会ライターと名乗り出したのはいつ頃だっただろうか?
23歳の頃に書きたかった小説が角川書店の賞レースに引っかかり、そこから文章を生業にすることになった。それまでの様々な経験をしてきたので、それをちょろっと書いて実話系の雑誌に送ったら、見事に掲載。ブチ抜き8ページになってしまったことをキッカケに様々な場所への潜入取材などを任されるようになってしまったのだ。

チャイ〇ーズマフィアへの取材や違法賭博サロンへの潜入、闇金融の仕組みを探るなどなど、まあまあ危険な目に遭ってきたわけだが、やはり怖かったのは拉致監禁の経験。それも2回!
なんで2回も死ぬの生きるの体験をしなきゃならんのか…それはやっぱり、裏社会を綱渡りするような取材対象者と一緒にいる機会が多いから!

今回は、私が経験した本当の拉致監禁体験のお話を聞いていただきたい。

拉致、それは突然やってくる

平成24年5月某日昼・大阪府川西市。ちょうど違法なものを様々な建物の建設予定地の土台にコンクリートを流し込んで埋めてしまう生コン業者の記事を上げた直後のことだった。私は、その業者を紹介してくれたとある組合の関係者・F氏へのお礼を兼ねた会食の席にいた。

「いやぁ~今回もディープなネタになりました。ありがとうございました!」
「よかったわ~、もっと激しいネタほしいって言われるから、こっちもドキドキするねん」
「すいません、どんどんやってください!」

F氏のグラスにビールを注ぎ、ご機嫌をうかがう。すると、ガラス張りの個室を覗き込む、ジャージとスーツ姿のガラの悪い連中の姿。な、なんや?
それから2時間ほど談笑し、会計を済ませて、外へ出ると、
【キキキキィィィィィ~!!!!!!】

と私の体すれすれに黒塗りのクラウンと最高クラスのベンツが鼻先を突っ込んできた。わわわわ、な、何ぃぃぃぃぃ、これ!!
と思っていると、先ほど外から食事をしている私たちを覗いていたイカつい男たちがとび降りてくる。ひ、ひひひぃぃぃぃ!!

いきなり飛んでくる拳が腹の筋肉を捉え、前のめりの姿勢のまま動けなくなった私。ぐっ!い、息がで、できない!

そのままF氏と私はその黒塗りの車に乗せられて、ビニール袋をかぶせられ、後ろ手にジジジ…と無機質な音のなるタイトロックで締め上げられ、体の自由を奪われた。

どうにか車が走った道を覚えようとする

真っ暗になる視界。こ、怖い! 怖すぎる! でも、そのまま死んでたまるかという気持ちはある。なんとなくポンコツな三半規管を駆使して、方向ぐらいは覚えておかないと…。車の曲がる方向さえ覚えておけば、なんとかさっきの店に帰るくらいはできるだろう。

右、左、左、右、右、右、ひ、あれ、右か? 左か? 急ブレーキ? 急発進? もう頭の中が恐怖感で支配され、どっちに曲がったのかさえ分からなくなってくる。

「おい、そいつは関係ないぞ」

おっと、Fさんが何か言ってる。

「黙っとけF! こいつスーツ着とるやんけ! おまえんところの若い奴やろ」

「いや、ウチの組の奴やない。フリーライターの兄ちゃんや」

えっ? ウチの組? どういうこと? Fさんって怖い職業の人だったの?

「フリーターがこんな格好してるかい!」

うげっ! またまた腹に衝撃波が! ぐごごごごごぉぉぉ、苦しい! で、でもぉ、あのぅ、それよりフリーターじゃなくって、フリーランスライターなんですけど…。

そうこうしているうちに、どこかへ到着したらしいのだが、ここは一体どこ? 一歩外に出ただけで鼻孔に飛び込んでくるのは機械油の臭い。熱した金属の臭い。それにドリルのような音。工場か? 何かの工場なのか?
袋をかぶせられたまま、脇を抱えられ、2階へ。

よし、こんなときには嗅覚が頼りだ

そのとき、近くの飲食店から食べ物の匂いがかすかに漂ってきた。ん? この匂いは! ラーメンだ!オレはここにいる! ラーメン屋の隣の工場の2階に拉致監禁されている! どうにかして誰かに伝えなければ!

ケツを突っつかれながら【カン!カン!カン!】と金属製の階段を駆けあがらされ、ソファーらしきものに寝転がされた。袋をはがれると、目の前に広がったのは、3~4人の血気盛んそうな若者とスーツ姿の40がらみの男がひとり。もちろん、今にも地下格闘技でもはじまりそうな雰囲気だ。

「おい! その兄ちゃんはホンマに関係ないんやて、よ。ウチの組に電話して確認とってみろや」

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy