ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【11年ぶり】FUNAIが4K対応モデルを含むテレビ11機種を発表 6月2日よりヤマダ電機で独占販売

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
dsc_0164

船井電機は、4K対応モデルを中心としたテレビ新製品5シリーズ全11機種の発売を発表。価格はオープンで、6月2日(金)より、全国のヤマダ電機にて独占販売を開始する。

FUNAIブランドの新製品が国内で販売されるのは11年ぶり。今後もライアンアップを強化し、液晶テレビ全体の売上で2017年度は市場シェア5%、東京オリンピックが開催される2020年までに20%のシェア獲得を目指していくとのこと。

独自開発の高画質エンジンを搭載

dsc_0136

全11機種のうち、55/49型「6000シリーズ」、65/55/49型「5000シリーズ」、55/49型「4100シリーズ」、43型「4000シリーズ」の8機種が4K/HDRに対応。北米における日本メーカーの液晶テレビ年間出荷台数No.1という実績とノウハウをベースに、4K画質を精彩に表現する独自開発の高画質エンジン『ClearPix Engine』を搭載。

「高色域パネルと相まって、コントラストや鮮やかさを強調しつつも、色飽和を抑えた緻密で高品位な画質で、リアルな色を再現する」と説明している。

全シリーズに録画用HDDを内蔵

dsc_0133

全シリーズに録画用HDD(24/32/40型「2000シリーズ」には録画用メモリ)を内蔵し、“2週間まるごと録画”や“一発録画”などの機能が利用可能。フラッグシップモデルとなる「6000シリーズ」は3TBのHDDを内蔵し、BS/CSを含む最大5チャンネル2週間分の番組を“まるごと録画”できる他、ジャンルや出演者の情報を登録すると自動で録画してくれる“おまかせ録画”などの機能も。

スマホとの連携を強化

dsc_0142

無料で利用可能な専用アプリを使えば、録画した番組をスマホやタブレットで視聴できる他、外出先から録画予約も可能。リモコンの代わりにスマホで操作することもできる。

dsc_0023

純正のリモコンは、ワンプッシュで録画が開始できる“一発録画”ボタンを上部の中央に配置。『Netflix』『YouTube』『dTV』などのインターネットサービスにアクセスできる“ネットアプリ”ボタンも採用されている。

独占販売で20%の市場シェアを目指す

dsc_0156

都内で開催された発表会に登壇したヤマダ電機の山田昇会長は、「このプロジェクトにかける想いは人一倍。トップ自らリーダーシップをとって、全社一丸となって汗を流していきたい。日本メーカーとしての信頼に基づき、ブランドとコストパフォーマンスに優れたこだわりを重視しながら両社で企画、商品化し、満足のいく品ぞろえができた。20%のシェアは可能だと思っています」と自信を示した。

船井電機の船越秀明社長は、「2020年に東京オリンピックの開催を控え、テレビ需要の拡大が見込まれる。これからの変化をチャンスと捉え、日本でNo.1のヤマダ電機と組んでいこうと判断しました。北米で最も多くテレビを販売している船井電機が、国内で最も多くテレビを販売しているヤマダ電機と組み、日本でも一番を目指す。実現性は高いと思っています」と、創業者である船井哲良相談役のコメントを代読。また、「来年には有機ELテレビを発売する」と明かした。

なお、今回発表されたラインアップの実売価格については、「お客様に納得いただける価格を提案させていただく予定」と明言を避けたが、流通コストが抑えられることで、消費者が独占販売のメリットを感じられる価格設定が期待される。

dsc_0027 dsc_0007 dsc_0044 dsc_0054

船井電機公式サイト:
https://funai.jp/

よしだたつきの記事一覧をみる ▶

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。