ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

スーパーフードとして注目の伝統食って?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

スーパーフードとして注目の伝統食って?
J-WAVEで放送中の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「MORNING INSIGHT」。5月16日(火)のオンエアでは、edit JAPAN代表の堺あゆみさんをゲストにお迎えして、「エシカル消費」のキーワードにもなりそうな「フリーカ」についてお話を伺いました。

edit JAPANの活動の一つが、スーパーフードとして注目を集めている食材「フリーカ」の輸入と販売です。現地ではフリーケと呼ぶこの食材は、アラブ諸国で古代から食されている穀物で、ご飯のように炊いて食べるもので、現地では主食の一つ。麦を栄養価の高い青いうちに刈り取った“青麦”で、バーナーで直接表面だけを焼くのが古くからの製法。これによって独特の香ばしさと旨みが生まれるのだそうです。

フリーカの原産地はパレスチナで、堺さんも現地からオーガニックのものを輸入しているのだとか。焼くときの80℃から95℃という微妙な火加減などが職人ワザで、現地の伝統的製法を守りたいという思いもあるのだそうです。また、このフリーカを適正価格で購入することで、現地の農家の収入、子どもたちの教育にもつながるほか、取引している会社も農業組合をつくり、より働きやすい環境をつくろうと努力しています。日本でスーパーフードとして注目されていることは、現地の人も知ってモチベーションにつながっているとのことです。

社会貢献などに配慮した「エシカル消費」の今後について、堺さんは「フリーカもフェアトレードなので、継続ということが大事だと思っているので、『本場産でオーガニック』にこだわっていきたいです。まずは、おいしい、楽しい、わくわくするから始まって、興味をもち、実はそれが世の中のためになっていた、それを知って気持ちいい、心地いい、益々好きになっていく…という好循環を生み出しながら消費が増えていくと、世の中が素敵になっていくのかなと思います」と語っていました。

オンエアでは、フリーカを使った料理を別所が試食。フリーカは炊飯器でも炊くことができますが、フライパンでも、フリーカとその倍の水、塩をちょっと入れ、沸騰したら蓋をして10分…と簡単。噛みごたえがあって炊き込みご飯のようにダシがきいた味だとか。冷やしてサラダに入れるのが女性には人気で、こちらは塩とオリーブオイルだけで十分おいしいそうですよ。玄米の4倍もある食物繊維、低GI食品と良いことずくめのフリーカ。焙煎したあられのような新製品もあるそうです。要チェックですね!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聞き直せます。

【番組情報】
番組名:「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」
放送日時:月・火・水・木曜 6時−9時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。