体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

これぞ体験型日本観光の極み ドリフト目当てにエビスサーキットを訪れる外国人走り屋達に聞いてみた

観光庁が打ち出しているニューツーリズムの一環ともなる「日本の文化に肌で触れる」「日本でしか体験できない」体験型観光が、外国人旅行者に人気が出てきています。サブカルの聖地秋葉原、新宿ゴールデン街、千葉県野田市の武神館などは体験型観光を求めて来日した外国人旅行者の姿が多く見かけられます。福島県二本松市にあるエビスサーキットも、ドリフト走行を求めて来日した外国人が集まる場所の一つです。

映画『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT (原題: The Fast and the Furious: Tokyo Drift )』をきっかけに世界中に知られることとなった日本のドリフト文化。秋葉原がアニメ、漫画、ゲームなどサブカルの聖地ならば、エビスサーキットは世界中のドリフト好きなドライバーの聖地と言えるのではないでしょうか。

そこで、エビスサーキットまでドリフトをしにくる外国人達にいろいろと聞いてみました。回答してくれたのは、36才のニュージーランド人プロレーサー、マッド・マイクことMike Whiddett氏(以下マイク)、24才のオーストラリア人コンテンツ・クリエイター、Taylor Wright氏(以下タイラー)、30才のアメリカ人マーケティング・ディレクター、Cody Slack氏(以下コーディー)の3名です。それぞれエビスサーキットを訪問した際の動画を公開しています。実際にドリフト走行している車内で撮影した映像は迫力ありすぎです。う~ん、こういう映像を見てしまうとひっさびさに『バーンアウト』がやりたくなる……。

The California Roll Was Invented in Canada(YouTube)
https://youtu.be/1mXnsjZqhxQ

Ebisu Circuit Autumn Drift Matsuri 2014 | エビス 秋のドリフト祭り(YouTube)
https://youtu.be/CoqCxhuaRwc

エビスサーキットを知ったきっかけは、「2010年にエビスサーキットに行ったことがある友達から話を聞いて」(タイラー)、「オプションという雑誌のDVDを良く見ていたので」(マイク)、「2000年代初めにオプションやD1グランプリのDVDを見て」(コーディー)だそうです。

これまでに何回エビスサーキットを訪れたか?という問いに対しては、「5回です。一番最近は2014年の11月です」(タイラー)、「今年もフォーミュラ・ドリフトの大会に参加するためにエビスサーキットに行く予定です」(マイク)、「2015年の11月に1回訪れただけです。来年また行く予定です」(コーディー)とのこと。リピーター率高いですね。

日本での平均滞在日数は、「大体2週間程度です。そのうち7日~10日間がエビスサーキットで残りは東京で過ごします」(タイラー)、「2週間の日程で12日間はまるまるエビスサーキットで過ごしました」(コーディー)と長め。日本人だと、2週間の休みを取ること自体難しそうです。

エビスサーキット目的で来日する予算については、「エビスサーキットでドリフトするための車が必要であれば7000~1万2000豪ドル(日本円で約59万~100万円)が必要です。車の購入費用以外は大体3000~5000豪ドル(日本円で約25万~42万円)くらいになります。このうち80%はエビスサーキットでのガソリン代、タイヤ代、修理代などに使います」(タイラー)、「2000~3000米ドル(日本円で約23万~34万円)です」(コーディー)との回答。車代込みだと大体100万円前後の予算になってきますが、聖地でドリフトを楽しむためには惜しみなく使うという人が多いようです。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会