体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“イラっ”とする女子の発言「好きになった人がタイプ」「イケメン連発」

毎日行われる人と人との会話。普通に話しているだけなのに、とある一言に何かモヤモヤする、何かひっかかる、いやむしろイラっとする!って事ありませんか?

始まりは小さな“イラっ”でも、さらに会話を続けていくうちに好感度が下がる可能性もあり、特に、恋愛においては会話次第で自分の評価がプラスにもマイナスにもなるので注意が必要です。今回は、男子が今までにイラっとした女子の発言を一部ご紹介します。

■「好きになった人がタイプ」とドヤ顔

合コンや飲み会で「どんな人がタイプ」と男性に聞かれた時に答えがち。でも、そう返された方としては「それを言ったらみんなそうだけど、あえて聞いてんの!!」とイラっとする事間違い無し。まだ、迷いつつ、ちょっと困りつつの「うーん。好きな人がタイプかな」ならば救い様がありますが、「好きになった人がタイプかな☆」とドヤ顔で言われた日には……。

■何でも「イケメン」を付けたがる・言いたがる

美味しいレストランの話をしている時に「あそこの店員さんはイケメン」、スポーツの話をしている時に「○○選手はイケメン」、口を開けば「どこかにイケメンいないかな~」とやたら“イケメン”を連発する女性は「そこにしか判断基準が無いのか!?」と、男性を呆れさせているはず。

■「痩せたい痩せたい」と言いながら食べるのをやめない

こちらは行動も関わってきますが、「痩せたい」が口癖でダイエット情報には人一番詳しいのに食べるのをやめない女性には男性もウンザリ。「えー、うちの彼氏は何も言いませんよ?」というあなた、きっと彼が気を遣ってくれているのです。もしそれに甘えて、バクバク食べながら「ダイエットは明日から☆」何て言ったたら、いよいよ怒髪天をつくでしょう。

男子が“イラっ”とする女子の発言「恋は常にしてるよ」
http://getnews.jp/archives/150573

※画像は「足成」より引用。

藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。