体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

エンタメ・コンテンツ・コミュニティを追求 ブシロードとの協業で新発表が相次いだ新日本プロレス戦略発表会レポート

エンタメ・コンテンツ・コミュニティを追求 ブシロードとの協業で新発表が相次いだ新日本プロレス戦略発表会レポート

ガジェット通信では先日、新日本プロレスリングの株式を100%取得したブシロードの木谷高明社長インタビューをお届けしましたが、新日本プロレスの取締役会長に就任した“木谷体制”での第1弾となる記者発表『新日本プロレスリング戦略発表会2012』が2月29日に開催されました。コンテンツパブリッシャーであるブシロードとの協業により、新日本プロレスが新たに打ち出した方針は「エンターテインメント」「コンテンツ」「コミュニティ」の追及というもの。この方針に沿って新発表が相次いだ発表会について、コンテンツやコミュニティへの展開を中心にレポートします。木谷氏がインタビューで語ったコミュニティへのフォーカス、30~50代のかつてのプロレスファンへのアプローチは、どのように実現していくのでしょうか。

エンタメ・コンテンツ・コミュニティを追求

新日本プロレスリング代表取締役社長の菅林直樹氏

冒頭に新日本プロレスリング代表取締役社長の菅林直樹氏が登壇。創業の精神と会社の信条にたちかえり、「ファンの満足、喜びを最優先に、ファンに愛される団体を目指す」とコメントし、今後の方向性として「エンターテインメントの追求」「コンテンツの追求」「コミュニティの追及」を発表しました。コア事業として大会などイベントを進化させると同時に、新たな収益事業の創出と拡大を目指していくとのこと。

今後のコンテンツ展開

今後の新日本プロレスリングのコンテンツ展開として、これまで映画館で上映してきた3Dコンテンツ『プロレス3D』を、4月に開始するスマートフォン専用放送局『NOTTV(ノッティービー)』で配信し、地上波テレビ放送のスマートフォン版『ワールドプロレスリング NOTTV版(仮称)』も開始することを発表しました。さらに、テレビ朝日がサイバーエージェントと協業する『アメーバピグ』でのレスラーキャラクターの展開を継続・発展させるほか、携帯ゲーム『俺達のプロレス』のスマートフォン版が4月開始で検討中。

映像コンテンツでは、集英社から刊行中の分冊百科『燃えろ!新日本プロレス』に加えてDVDも積極的に展開するほか、テレビ番組『ワールドプロレスリング』の海外への販売、海外へのライブ配信など海外市場の開拓も発表。海外から“プロレス留学生”を受け入れ、日本でレスラーとして育成、帰国後には現地でのスターにしていくことで海外での番組販売に結び付けていくプランも明らかになりました。

新日本プロレスのモバイルサイトは、4月から携帯電話に加えてスマートフォン版の提供を3キャリアで開始予定。木谷氏がインタビューで明らかにした、秋ごろリリース予定のスマートフォン用SNSとの連携も予想されます。

カードゲームは『キング オブ プロレスリング』の名称に

新日本プロレス会長として登壇する木谷高明氏

ブシロード木谷氏は、新日本プロレスリング代表取締役会長として登壇。まず予告していたカードゲームへの展開を発表します。パソコンやスマートフォンで遊べるトレーディングカードゲームのタイトルは『キング オブ プロレスリング』。同名の大会を10月8日に両国国技館で開催し、会場で先行発売を予定しています。8月に開催されるシリーズ『G1クライマックス22』では、各会場で来場者にプロモーションカードの配布も予定しているとのこと。

1 2 3次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。