ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

全国47都道府県から集まった民芸品がバトルを繰り広げるカードゲーム『民芸スタジアム』が5月14日発売へ

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
全国47都道府県から集まった民芸品がバトルを繰り広げるカードゲーム『民芸スタジアム』が5月14日発売へ

木彫りの熊やこけし、だるまなど、全国の郷土玩具やお土産として親しまれてきた民芸品。47都道府県から集められた民芸品がカードになって、バトルを繰り広げるカードゲーム『民芸スタジアム』が5月14日に発売されます。

mingeistudium2

『民芸スタジアム』は、頭が3コある赤べこ“ケルベコス”やホッケ型のペンケース“ホッケース”で知られる妄想工作所の乙幡啓子さんが原案を手掛け、『∞プチプチ』の生みの親であるウサギの高橋晋平さんがゲームデザインを担当したオリジナルのカードゲーム。5月14日に東京ビッグサイトで開催される『ゲームマーケット』で販売されるほか、妄想工作所のウェブショップで販売を開始します。

mingeistudium3

パッケージの中には、全国の民芸品の写真がプリントされたカード47枚が入っています。ちなみに東京都の民芸品は“笊かぶり犬”。各民芸品の説明とそのカードが持つ特殊能力、右上にはグー・チョキ・パーのジャンケンマークと数字がプリントされています。

mingeistudium4

ゲームは2~4人でプレイ可能。プレイヤーには最初に手札として5枚のカードが配られ、順番に1枚ずつカードを引いてサイコロを振ります。

・サイコロで出た目以下の数字のカードを場に出せる
・場に出したカードが相手のカードの数字以上でジャンケンマークが勝っている場合、相手のカードを攻撃して捨て札にできる
・カードに書かれた能力が使える場合は実行できる
・振ったサイコロの目を増やしたい場合、手札を1枚捨ててもう1回サイコロを振って目の数を合計できる

上記のルールで場にカードを出していき、出したカードの数字の合計が2人プレイの場合は25、3~4人プレイの場合は20になればそのプレイヤーが勝ちになります。

民芸スタジアム 対戦動画(ルール説明) 2人対戦①(YouTube)
https://youtu.be/rwU80OxYn48

mingeistudium5

実際にプレイしてみました。カードはそれぞれに個性があり、数字が小さくても特殊能力が強力だったり、数字が大きくてもなかなか出す機会がなかったりと、カードを場に出す戦略を考えるのがなかなか楽しいゲーム。カードゲームに詳しい藤本エリ記者は、次のようにコメントしています。

藤本エリ記者:
「まず思ったのは、それぞれのカードのクオリティの高さ。有名な民芸品、全く初めて見た民芸品、知名度の差はめちゃくちゃあるのに、それぞれのカードのデザインや能力、説明文によって全てが魅力的になっていてビックリです。

ルールは、最初少し難しいなと思いましたが、一回遊びながら覚えていくと、二回目には楽しく戦略を考えながら遊べるまでになりました!

パワーバランスも必ずしも「高い数字>低い数字」というわけではなく、それぞれの民芸品にまつわる能力がついているので、ただの運で終わらないところがこのゲームの奥深さだと思います。

最後に、カードゲーム好きの方へ。『ゴォ~スト!』というカードゲームがありますが、あれが好きならこの『民芸スタジアム』は絶対ハマると思います。

mingeistudium6

ゲームデザインを担当した高橋晋平さんのオススメカードも教えてもらいました。京都の“指猿”は入手が困難なレアもので、指先が器用になるご利益があるのだとか。高知の“土佐犬一刀彫”は勝利のご利益があり、山形の“猫に蛸”は、「蛸」→「多幸」から招き猫よりもさらに福を招く能力があるとのこと。これらの特徴は、カードの特殊能力にも生かされています。

1枚1枚見ているだけでも楽しく、民芸品の図鑑にもなりそうな『民芸スタジアム』。妄想工作所ウェブショップでの販売価格は2000円(税別)です。

妄想工作所
https://mousou.base.ec/

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。