体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

劇場版『Free!』の絆にキャストも号泣! みんなの意見で生まれたラストシーン秘話も【舞台挨拶レポ】

『ハイ☆スピード!』を原案として生まれた大人気TVアニメ『Free!』シリーズ。劇場版として再構築された、『劇場版 Free! -Timeless Medley-絆』が4月22日より公開中。4月30日に公開記念舞台挨拶が行われました。

舞台挨拶に登壇したのは、島﨑信長さん、鈴木達央さん、代永翼さん、平川大輔さんの岩鳶メンバー!

※すべての画像が表示されない場合はOtajoからご覧ください
http://otajo.jp/68008[リンク]

最初の挨拶では、代永さんが「みんなー!たっだいまー!」、平川さんが「お待たせいたしましたぁ!!」と、渚や怜のテンションで会場を盛り上げます。

しかし、「出来上がりを試写で観させていただいて、冒頭からずーっと涙が止まらず……(笑)。なんでこんなに泣いてるんやろ、みたいな思いながら(笑)」(代永)、「オープニングで『RISING FREE』が流れ出すと、“ザ・Free!”って感じの歌詞で、『あ゛ー!』ってまず泣く(笑)。それで中盤でまた『あ゛ー!』って泣いて、後半になるともうわけわからなくなって涙でぐしゃぐしゃになりながら観てる感じでした(笑)」(平川)と、キャストも号泣したという今作。

「みなさん、やっぱり泣かれていますね……」と島﨑さんが言うように、本編の感動の余韻が残っている場内で、キャストが作品にかける気持ちを語ると、真剣な雰囲気に。

鈴木さんは、「『Free!』って俺たちが登壇して喋ってすごく楽しい雰囲気にさせたいな、と思うんだけど、みんなの想いが強すぎて若干お通夜みたいな雰囲気になるの。毎回そうだったって思い出した(笑)」と、途中で「ラフな空気にしたいのに」と熱い作品ゆえに上手くいかない歯がゆさを明かす場面も。

※上映後の舞台挨拶だったため、ネタバレトークあり。

渚と怜を演じられるか不安だった!?

代永:映像シリーズとして、僕と平川さんは久しぶりのメインでの出演だったので、渚と怜ちゃんを演じられるか不安もあったんですよね。一発目から出るかなぁ?ってマイク前で「れ、怜ちゃん!!」って渚の声を出すところから始まって。

鈴木:すごいチューニングしてたよね(笑)。

代永:それだけ本当に緊張してたの(笑)。

平川:俺もしてたけどね。

鈴木:2人がすごいチューニングしてるから、「え、そんなこと今までしてなかったでしょ?」と思って(笑)。

代永:それくらい大事な作品だったから。4人のチーム感とか込める想いがあって、今こうやって出来上がった作品を観ていただいて、「岩鳶チームが戻ってきて嬉しいです」って言葉をいただいて嬉しかったですし、僕らとしても本当に楽しかった。嬉しいって想いでいっぱいです!

平川:今回の収録のときも、TVシリーズのときと同じように、4人が当たり前のようにいつも座っていた場所に座って、当たり前のようにいつも使っていたマイクに入って、それをスタッフさんが当たり前のように僕らの高さにそれぞれ調節してくださって、当たり前のようにウィングは「もう2歩下がって」って言われてて(笑)。スタッフさんも含めてチームワークが完璧に出来上がっていると思えるこの作品で、きっとまた『Free!』を大好きになっていただけるんじゃないかなと心から思っています。

1 2次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。