ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

イスラエルのジャズトリオ「シャローシュ」が生演奏!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

イスラエルのジャズトリオ「シャローシュ」が生演奏!
J-WAVEで放送中の番組「ORIENTAL MUSIC SHOW」(ナビゲーター:サラーム海上)。4月14日(金)のオンエアでは、イスラエルからジャズ・ピアノトリオ「シャローシュ」のピアニスト、ガーディ・スターンさんをゲストにお迎えしました。

シャローシュはイスラエルのエルサレム出身のジャズ・トリオ。メンバーは、スターンさん、ベースのダービット・オカエリさん、ドラムスのマタン・アサヤグさんの3人組。今回は完全なプライベートでの家族旅行の合間に番組出演してくれました。

「シャローシュ」というグループ名は、ヘブライ語の数字で「3」を意味します。3人組であることや、メンバー3人の個性と、その魂が生み出すものを作りたかったことが命名の理由だそうです。

すべての活動を自分たちで手掛けているというシャローシュ。スターンさんは自らブッキングを行い、アサヤグさんはアートワークやビデオを制作。ツアーでは5つ星ホテルに泊まることもあれば、屋根裏のような場所にも泊まり、ベッドをシェアすることもあるそう。自分たちの音楽スタイルについては「インディーのロック的な動きをしていることで僕たちの音楽にも大きな影響を与えている。僕らのジャズは、クラシックなものよりも、もっとロック的なエナジーや濃さがあると思います」と語りました。

オンエアでは、スタジオでスターンさんが、シャローシュの楽曲の中から「Jerusalem State of Mind」「Poem Of The Blues」の2曲をソロで生演奏してくれました! 演奏が終わるとサラームは、賞賛の拍手を送っていました。

夏秋とツアーが続くシャローシュ。9月の欧州ツアーを前に、ニューアルバムをニューヨークで作る予定とのこと。「日本にもいつでも戻って来たい」とスターンさんは語っていました。来日公演も期待できそうですね!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「ORIENTAL MUSIC SHOW」
放送日時:毎週金曜 26時−26時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/dc3/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。