体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

まちづくりの拠点になる開放的な空間&絵本・児童書が充実! 太田市美術館・図書館の魅力

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

都心から東武線特急“りょうもう”で約90分の群馬県太田。この太田駅北口の目の前という好立地に太田市美術館・図書館が2017年4月1日にグランドオープン。知と感性のプラットフォームとして「創造的太田人」を基本理念に、まちづくりの拠点になるべく中心市街地ににぎわいをもたらすプロジェクトの展開を企図し、建築家・京都大学准教授の平田晃久氏が市民とのワークショップを経て設計された建物を含めて、かなり挑戦的な施設になっています。ここでは館内の様子や、2016年4月26日から7月17日まで開催されている開館記念展『未来の狼火(のろし)』の模様などをレポートします。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ガラスを多く使用して、中の様子が外から見えるようになっている建物。平田氏によると、5個の鉄筋コンクリートの箱があり、その周りを鉄骨構造のスロープが巻かれている構造になっているとのこと。入り口が東、西、南にあり、様々な方向から気軽に入って通り抜けることも可能。「従来の図書館、美術館という殻を脱ぎ捨てた、自由で活気のある街のような場所」を目指したといいます。

児童書を1万冊以上収蔵! いたるところに本がある館内

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

図書館としての最大の特徴といえるのが、収蔵されている児童書・絵本の多さ。その数1万冊を超えるとのことで、国際アンデルセン賞の受賞作が網羅されているほか、洋書も多数入れられてあります。これで子どもたちが日本語以外の言語に触れて、世界の多様性を知ることができるように意図しているとのこと。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

児童書・絵本が置いてある2Fのフロアの中には、靴を脱いで床やソファーで自由に読むことができるスペースも。広々と贅沢に過ごせそうな空間で、子どもだけでなく大人でもゆったりと清々しい気持ちで絵本を読むことができそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

また、美術館と一緒の建物だけに、アートブックが充実しているのも特色として挙げられます。国内外の作家から現代アートまで、絵画集や写真集も含めて約9000冊が置かれています。アートが好きな人ならば何時間でも過ごすことができるのではないでしょうか。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

『群馬県史』をはじめとする郷土資料が置かれたフロアは3Fにあります。大きなガラス張りのテーブルが配置されており、この中に地図や絵画などを入れておくこともできる構造になっています。ボックス状の布を組み合わせた照明もステキです。

1 2 3 4次のページ
ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。