体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

超細かい泡のつめた~いビールが自宅で飲める! 『アサヒスーパードライ』キャンペーンで必ずもらえる『シルキーフォーマー』を使ってみた

超細かい泡のつめた~いビールが自宅で飲める! 『アサヒスーパードライ』キャンペーンで必ずもらえる『シルキーフォーマー』を使ってみた

そろそろビールが美味しい季節が近づいてきましたね! ビール党の皆さんは、泡が細かくてキンキンに冷えた、レストランやバーで飲むビールが好き、という方も多いのでは。そんな細かい泡で冷たいビールが自宅で、しかも缶ビールを使って飲めるとしたら気になりますよね。アサヒビールは、「ご家庭で飲めるスーパードライ史上最高のクオリティを目指した」というプレゼントキャンペーンを5月8日まで実施中。そのAコースの賞品『シルキーフォーマーグラスセット』をお借りして、スーパードライ史上最高のクオリティを実際に体験してみました。

superdrycp2

『アサヒスーパードライ「必ずもらえる!」キャンペーン』Aコース賞品の『シルキーフォーマーグラスセット』は、缶ビールを氷点下まで冷却し、超音波で細かい泡をたてられる『シルキーフォーマー』と、ビールをおいしく飲めるオリジナル薄口グラスのセット。

superdrycp3

『シルキーフォーマー』は、ビールを氷点下まで冷やす“アルミバッテリー”3枚、それらと『スーパードライ』の缶を装着する缶ホルダー、泡を作る超音波台から構成。

superdrycp4

超音波台は付属の単三電池3本で動作するので、セットしておきましょう。

superdrycp5

“アルミバッテリー”は、冷凍庫に入れて20時間ほど冷やしてから使用します。

superdrycp6 superdrycp7

“アルミバッテリー”を缶ホルダーに装着したら、事前に冷蔵庫で冷やしておいた『スーパードライ』350ml缶を入れてさらに冷却します。約3~5分ほど置いておけば中のビールは氷点下の冷たさに。

superdrycp8

『シルキーフォーマー』は350ml缶だけでなく、500ml缶にも対応します。500ml缶の冷却時間は約5~7分です。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会