ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

コナンファンのマストアイテム! 『名探偵コナン』オフィシャル万年筆が限定販売

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
konan

週刊少年サンデーで連載されること23年……コミック、アニメ、映画などを通して今や知らない人はいないほどの人気をほこる『名探偵コナン』。この国民的作品に新たなオフィシャルグッズが登場した。

その名も『名探偵コナン×セーラー万年筆 オフィシャル万年筆 特製インク付きセット』

当商品は4月15日より絶賛上映中の劇場版『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』の公開を記念して作られた、作者・青山剛昌先生公認の万年筆なのだ。

万年筆のデザインは、江戸川コナン怪盗キッド灰原哀服部平次と、4人の人気キャラクターがモチーフ。4種とも各キャラクターのイメージに合わせて調合された特製インクとのセットとなっている。インクの調合は、原作者青山剛昌先生の監修の元、“万年筆業界のカリスマ”と呼ばれる人気インクブレンダー 石丸治さんによるものとなっている。

キャラクターごとにペン先が異なるなど、万年筆業界の老舗 セーラー万年筆とのコラボレーションだからこそ実現した、細部へのこだわりが特徴だ。インクも本商品でしか手に入れることのできないプレミアムなインクとなっている。いずれのモデルもファン垂涎のスペシャル・アイテムと言えよう。

ペン先画像集合2

(画像は各モデルのペン先)

各モデル詳細

江戸川コナンモデル
ボディは、コナンがいつも身に着けている蝶ネクタイの赤色をイメージしている。キャップ部分には金色の鍵とロンドンのベイカー街を連想させるレンガ模様がほどこされ、ペン先にも”真実の扉を開く”鍵穴のモチーフがデザインされている。

『コナン・ブラック』と名付けられたインクは、ほのかにブラウンの入った、ヴィンテージ感のあふれる黒となっている。

コナン

怪盗キッドモデル
夜空を照らす三日月と宝石の輝きを群青色のキャップにデザインし、ペン先にはキッドの印象的なアイテムである「モノクル(片眼鏡)」に付属しているクローバーのチャームが刻まれている。ボディ部分はパール加工とラメを配色し、クールでスタイリッシュな印象の仕上がり。インクは、怪盗キッドが現れる月夜をイメージした『キッド・ブルー』。

キッド

灰原哀モデル
ボディはコードネーム“シェリー”をイメージしたパープルを使用。キャップには「APTX4846」のカプセルをデザイン。ペン先には薔薇が描かれている。パープルと金色の気品ある仕上がりだ。
『シェリー・パープル』のインクは、可愛らしさが残る大人のパープル。“クールビューティー”な灰原を表現している。

灰原

服部平次モデル
漆黒のキャップに描かれているのは、平次が幼馴染である和葉から貰ったお守り。新鮮なグリーンの軸が映えるデザイン。ペン先にはトレードマークである帽子が刻まれている。
インクは『ヘイジ・グリーン』と名付けられ、平次のバイクと帽子のつばをイメージした若々しいグリーンだ。

平次

生産はそれぞれ950点で通販のみの限定発売。すでに2次出荷分まで完売とのことで、現在は5月下旬の3次出荷分を受け中。
ファンならばこそ、早めに手もとに取り寄せておきたいところだ。

商品はキャラクターのイラストが金色で描かれた、高級感あふれるスペシャルボックスで届けられる。普段使いできるアイテムとしてはもちろんのこと、コレクションやプレゼントにも最適だ。また、先着購入特典として、万年筆を持った4人の描き下ろしイラストを使用したオリジナルポストカードが数量限定で付属する。

BOX写真

また映画最新作『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』は公開2日間でなんと100万人規模の観客動員数を記録! シリーズ最高のヒット作になるとの見通しもある。

karakure

映画のヒット、そしてプレミアムな万年筆の登場によって、より一層“コナン熱”が高まりそうだ。

『名探偵コナン×セーラー万年筆 オフィシャル万年筆 特製インク付きセット』

メイン

【価格】
19,800円(税別)

【発送手数料】
600円(税別)

【仕様】
材質:万年筆=ステンレス(ペン先)、PMMA樹脂 インクボトル=ガラス、PP樹脂(蓋)
サイズ(約):万年筆=最大径1.7×長さ13.4cm(ペン先収納時)、インクボトル=最大径6.55×高さ5cm
ペン先字幅:細字
重さ(約):万年筆=16g、インク=171g
付属品:インクボトル、コンバーター、スペシャルボックス
生産国:日本

『名探偵コナン×セーラー万年筆 オフィシャル万年筆』特設サイト
https://iei.jp/conanpengn/

※画像の一部は『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』オフィシャルサイトより引用

中将タカノリの記事一覧をみる ▶

記者:

1984年生まれ。奈良市出身のシンガーソングライター、音楽・芸能評論家。加賀テツヤ(リンド&リンダース)の誘いで2005年にデビュー。音楽活動、タレント活動、執筆活動と多岐にわたる分野で活躍している。代表曲に「だってしょうがないじゃん」(2011年)。2016年からキャラクター、音楽制作を務める「うえほんまち ハイハイタウン」CMが放送開始。日本酒が好き。

ウェブサイト: http://chujyo-takanori.com

TwitterID: chujyo_takanori

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。