ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

行楽のお供にはこれ! やみつきになるプリングルズ『ハラペーニョ&オニオン』試食レビュー[PR]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫
pringles

だんだん暖かくなり、間もなくゴールデンウィークがやってきます。ご旅行やお出かけのご予定は立てていますか?

ゴールデンウィークといえば行楽シーズン。ご家族やお友達との旅行が楽しみなこの季節。旅のお供に持っていくお菓子といえば「やっぱり“ポテチ一択”なのだ!」という人も多いのでは。

1本

そんな時は筒型だからドライブでも電車内でも食べやすく、お出かけ時の持ち運びにも便利な『プリングルズ』の新しいフレーバー『ハラペーニョ&オニオン』はいかがでしょう。

ついつい癖になる味プリングルズの新しいフレーバー『ハラペーニョ&オニオン』

20年に1度の傑作と名高い、3月14日に発売されたプリングルズの新定番フレーバー『ハラペーニョ&オニオン』。ハラペーニョのユニークな辛みとオニオンのうまみで絶妙な辛さのバランスを実現。日本人の好みに合わせて、辛すぎずちょうどよい辛さのハラペーニョが効いた、ついついクセになる“うま辛味”。


ほかにも「ついもう1枚…と手がのびました」「お酒のおつまみとしてもよさそうです」など、『Twitter』では新フレーバー『ハラペーニョ&オニオン』の旨さを語るつぶやきも寄せられています。お酒にも合うなんて、電車の長旅のお供にもぴったりですね。編集部スタッフ達もさっそく食べてみることに。

プリングルズ『ハラペーニョ&オニオン』試食フォトレビュー

プリングルズ

ハラペーニョはメキシコ生まれの青唐辛子。レッドペッパーとは異なる独自の辛さとマイルドなうまみが特徴で、ハラペーニョピクルスやハラペーニョソースなどで、料理としても親しまれているのだそう。

キリリ

パッケージは、ハラペーニョとオニオンのバランスを取りながら一輪車に乗るチップがコミカルに描かれています。

パッケージ蓋

青のパッケージが目を引くデザイン。

持っているところ2

開けてみると、おなじみ『プリングルズ』のチップス。赤い粉がまぶされています。

大人どり

さて、ガジェット通信の編集部スタッフで集まって食べてみました。

編集部スタッフが食べてみた お味はいかに?

・食べた瞬間に爽やかな辛みがやってきて、その辛みが残らないのにあとひく旨さ!
・おつまみにいいねコレ。ずっと食べれる。
・お酒に合うわ~。エンドレスにいける。
・瞬発力のある辛さ。
・辛いのかな? そんなに辛くないよね? アァ~、ワインにも合うわ。
・ディップになんかつけてもよさそう。

編集部で和気あいあいとお酒と一緒につまんでいたところ、1缶を即座にペロリ! プリングルズ『ハラペーニョ&オニオン』は一瞬でなくなっておりました。

やみつきになる旨さのフレーバー、プリングルズ『ハラペーニョ&オニオン』はクセになるあとひく味! お酒のあてにもぴったり。ゴールデンウィーク中のBBQなどのお供にもオススメといったところ。

オリジナルスピーカーが当たる このゴールデンウィーク期間に中ぶたをたくさん集めよう

pringles_btcp2-1024x683

さらに今年もスピーカーキャンペーンを開催。2015年、2016年と開催されてきた、『プリングルズ』を購入すると筒状の缶にピタリとハマる“オリジナルスピーカー”が必ずもらえるキャンペーンが今年もスタート。

記事はこちら:
『プリングルズ』のオリジナルスピーカーが“必ずもらえる”キャンペーンが今年もスタート 今回はBluetoothスピーカーに
http://getnews.jp/archives/1642225

「19缶くらいすぐ食べちゃうんじゃないかなぁ」というツイートがあったように、応募条件は対象の『プリングルズ』の中ぶた19枚を集めて応募すること。お酒と一緒につまんでいると、プリングルズ『ハラペーニョ&オニオン』だけで中ぶた19枚はすぐ集まってしまいそうですね。キャンペーンは6月末までなのでお見逃しなく。

みなさま、プリングルズ『ハラペーニョ&オニオン』と一緒に素敵なゴールデンウィークを過ごしてみては?

プリングルズ
http://www.pringles.jp

erini (エリーニ)の記事一覧をみる ▶

記者:

ガジェット通信のナカノヒト。食べ合わせを研究しています。 好きなもの:ダンス全般と漫画。 特技:漫画の早読み。 好きな動物:ハリネズミ。 好物:焼き鳥とナッツ。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/eri

TwitterID: erini_desu

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。