ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【脱力】バイトJKのホラーアクション『コンビニ・ウォーズ』予告編 凶悪“ミニナチ軍団”の姿が明らかに[ホラー通信]

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

人間をセイウチに改造するトンデモホラー『Mr.タスク』のスピンオフ、『コンビニ・ウォーズ ~バイトJK VS ミニナチ軍団~』の予告編が解禁に。思わず「お前は何を言っているんだ」と口走ってしまうナナメ上のあらすじと、それに反する豪華キャストから、情報解禁時より話題となっている今作。タイトルのなかで妙な存在感を放つ“ミニナチ軍団”の姿が今回の予告編で明らかとなりました。

あらすじは、コンビニでバイトするJK(女子高生)がうっかり“長い眠りについていたミニナチ軍団”を目覚めさせ、時給を超えた壮絶バトルをコンビニで繰り広げるというもの。主人公の仲良し女子高生コンビを演じるのはリリー・ローズ・メロディー・デップと、ハーレイ・クイン・スミス。監督はハーレイ・クインの父、ケヴィン・スミスで、共演はリリー・ローズの父、ジョニー・デップ……とここまでくると「父と娘の思い出づくりか?」という疑念が浮かびますが、思い出にしろこんなヘンテコな映画を作るのですからさすがケヴィン・スミスとジョニデといったところでしょうか。共演に、『Mr.タスク』から続いてハーレイ・ジョエル・オスメント、ジャスティン・ロング。アメコミ界のゴッド、スタン・リーもなぜかカメオ出演。

予告編とすべての画像が表示されない方はホラー通信の元記事をご覧ください。
http://horror2.jp/18738


予告編でその動く姿が明らかになった“ミニナチ軍団”は、ソーセージのような頭にヒトラー似の顔、小さいけれど大群でおり、踏み潰すと威勢よくはじけ飛ぶ謎の物体。「バイトが世界を救う――」が今作のキャッチコピーですが、ミニナチ軍団で世界が滅ぼせそうには見えないのでほっておいても良かったような気もします。
また、邦題と日本版ビジュアルがスター・ウォーズを意識しているだけあり、予告編もスター・ウォーズ調のオープニング・クロールからスタートいたしますが、なぜそこまでスター・ウォーズを意識しているのかは現段階では謎です。

映画『コンビニ・ウォーズ~バイトJK VS ミニナチ軍団~』7月1日(土)より新宿シネマカリテほか全国順次公開です。どうぞ、お楽しみに!

出演:リリー=ローズ・メロディ・デップ、ハーレイ・クイン・スミス、ジョニー・デップほか
監督・脚本:ケヴィン・スミス
2016年/アメリカ/カラー/デジタル/英語/88分/原題:Yoga Hosers/映倫区分:G指定
配給・提供:パルコ、ハピネット
公式サイト:http://conveni-wars.jp/

(C)2015 YOGA HOSERS, LLC All Rights Reserved.

レイナスの記事一覧をみる ▶

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。