ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

赤ちゃんの食育にもつながる、オーガニックなベビーフード専門定期購入サービス「Little Spoon」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ベビーフード専門の定期購入サービス「Little Spoon」米市場調査会社のザイアン・マーケットリサーチによると、世界全体におけるベビーフードの市場規模は、2016年からの5年間にわたって年平均成長率6.2%で拡大し、2021年までに764.8億ドル(約8.3兆円)に達する見込み。

最近では、定期購入型フードデリバリーサービスを展開する米サンフランシスコの「Thistle」が、離乳食に特化した「Thistle Baby」を開始するなど、オンラインで注文でき、自宅などで受け取ることのできる定期購入サービスが、ベビーフードの分野にも導入されるようになってきた。

・安全で美味しいベビーフードを2週間ごとに配送

ベビーフードの種類が豊富な「Little Spoon」「Little Spoon(リトル・スプーン)」は、ベビーフード専門の定期購入サービスだ。

ベビーフードは4オンス(約113.4グラム)の容器に入っており、その価格は、1日3食コースで1食あたり2.99ドル(約323円)。

ユーザーが、スマホアプリを通じて、「ケール・ニンジン・洋梨」や「ニンジン・リンゴ・ショウガ」など10種類のなかから、赤ちゃんの月齢や好みに合わせて商品を選ぶと、2週間ごとに指定場所まで配送される。

ベビーフードは、いずれも、厳選された有機食材を使い、超高圧処理(HPP)によって、添加物や保存料を一切使用せず、食材の色や香り、栄養を残したままで殺菌処理されているので、赤ちゃんにも安全に美味しく食べさせることができるという。

「Little Spoon」では、ニューヨーク市でユーザー数を限定してこのサービスを始動させており、今後、対象エリアを順次拡大していく方針だ。

・赤ちゃんの“食育”にもつながる!?

英リーズ大学の研究によると、子どもは、2歳までならば、これまで食べたことのない野菜でも、その食べ方を身につけることができるそうだ。

「Little Spoon」のように利便性を兼ね備えたベビーフードの定期購入サービスは、赤ちゃんの“食育”にもつながるだろう。

Little Spoon

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。