ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

中山優馬が声優初挑戦! 『ジョン・カーター』ワールドプレミアに大興奮

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ジョン・カーターワールドプレミア

ウォルト・ディズニー生誕110周年記念作品『ジョン・カーター』。ピクサー作品『ファインディング・ニモ』『ウォーリー』で全世界を沸かせたアンドリュー・スタントン監督が初の実写映画化に挑み、滅亡の危機に瀕した神秘の惑星“バルスーム”を舞台に、愛する妻と娘を失った男ジョンカーターの戦いを描いたファンタジー・アドベンチャーです。

ジョン・カーターの甥であり作品の重要なカギを握ることとなるエドガー役の日本語吹き替えに歌手で俳優の中山優馬さん(NYC)が決定。声優に初挑戦します。

そして、現地時間2月22日(水)ロサンゼルスで行われたワールドプレミアに特別に招待され、ハリウッドのレッドカーペットを初体験しました。

ワールドプレミア当日は、280人のメディアが集結、1,000人以上のファンが見守る中、メディアの取材や多くのファンの声援にスタッフ・キャストが丁寧に応え、『ジョン・カーター』への期待と歓声でロサンゼルス中が染まる華やかなプレミアイベントに。

元々、アンドリュー・スタントン監督作品ファンであった中山さんは、憧れの監督を目の前に感激しきり。「憧れのアンドリュー・スタントン監督に会えた事も夢のようでした」と目を輝かせました。

一方のアンドリュー・スタントン監督も、中山さんが『ファインディング・ニモ』のキャラクター“ドリー”に似ていると言われることに関して「 ドリーはすごく心が奇麗だから喜ぶべきことだね!」と満面の笑顔。「次回作は未定だけど、是非出演を検討させてほしい。あとで連絡先を交換しようね(笑)」とゴキゲンな発言も飛び出しました。

その言葉を聞いた中山さんは、「本作の続編が決定したら、絶対出演したいです。でもその前に勉強しなくてはならない事がたくさんあると思います。その時のためにも英語は勉強しておきたいです」と真っ直ぐ語りました。なお、中山さんはこの春高校を卒業し、4月からは駒澤大学への進学が決まっています。

今回のオファーにすいて「話を聞いた時には、まさか自分がとビックリして固まってしまった」と話す中山さんが、どの様な日本語吹き替えをしているのか、映画の公開が今から待ち遠しいですね。

惑星を描いてディズニー・ワールドに行こう! 映画『ジョン・カーター』絵画コンクール

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。