体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

SNS×プロレスの可能性も? 新日本プロレスの株式を100%取得したブシロード木谷社長に今後のコンテンツ展開と戦略を聞く

SNS×プロレスの可能性も? 新日本プロレスの株式を100%取得したブシロード木谷社長に今後のコンテンツ展開と戦略を聞く

1月31日、ブシロードグループパブリッシングが新日本プロレスリングの株式100%を取得し、子会社化することを発表しました。新日本プロレスは2005年から、ゲーム会社のユークスが株式を取得、その後100%株式を保有していましたが、これをブシロードが買い取ったというもの。ブシロードといえば、『カードファイト!! ヴァンガード』などのカードゲームやゲーム・アニメなどのメディアミックス作品『探偵オペラ ミルキィホームズ』で知られるコンテンツパブリッシャー。同社は今後、プロレスというコンテンツをどのように展開していくのでしょうか。2月29日に同社が開催予定の『2012新日本プロレス戦略発表会』を前に、ブシロード代表取締役社長の木谷高明氏に今後の展開のヒントやプロレスの可能性についてお話を伺いました。

聞き手:ガジェット通信 宮原俊介(shnsk)

このままではプロレスがなくなる

ガジェ通:木谷さんご自身は、プロレス界の現状はどうご覧になっていますか。

木谷:ヤバいと思いますよ。今回の動機のひとつに、このまま放っておいたらプロレスも格闘技もなくなる、存在自体がなくなる危機感というのはありましたよね。その中でどこが自分としてかかわれて、最も可能性があるのかなと考えたら新日本プロレスしかない。過去の映像資産もありますしブランドもある、名選手を何人も輩出していますし、今最も勢いがある。行く方向が明確になってますよね。

ガジェ通:今回の、新日本プロレスの株式を取得した経緯を教えてください。

木谷:昨年の8月末にユークスの谷口社長と食事をさせていただいて、私の方から「是非、新日本プロレスを任せていただけないか」ということで切り出しました。

その後、金額やどういう形で、という双方での検討があって、秋ぐらいには基本合意をしつつ、最終合意は1月に入ってからですね。そして1月31日に調印と同時に記者発表を行いました。

ガジェ通:木谷さん個人としては、ユークスさんとお付き合いがあったのでしょうか。

木谷:前の会社(ブロッコリー)でちょっと商品を作らせていただいたり、もちろん社長とも面識があって。これからも可能ならば、新日本プロレスのコンシューマーゲームなどを作っていただきたいですね。

ガジェ通:ユークスによるこれまでの新日本プロレスの再建に対しては、どのように評価されていますか。

木谷:ホントに、新日本プロレスがいちばん厳しかったときが2005~2007年なんですよね。そこのいちばん厳しいところを支えていただいて、なんとかここにきて形になっている。

2月12日に開催された新日本プロレス大阪大会より

2月12日の大阪大会も、本当に盛り上がりましたしね。第1試合から最後の試合まで、すごく流れがいいんです。大会自体が。最初はなんとなく楽しく始まって、少し緊張感が出てきて、だんだん緊迫感が出てくる。最後はすごい迫力で終わる、見ていて楽しい試合でしたね。

中も外も含めて、ユークスさんは再建に貢献していただいたところを受ける形になって、ありがたいと思っています。是非一緒に頑張らせていただきます、という感じですね。

2年で売り上げ3倍増を目指す

ガジェ通:今後の新日本プロレスに求めていきたいこと、それと事業の方向性を教えてください。

木谷:2年連続で黒字にもなって、やっと攻めの体勢になってきたので。“ちょい黒”にはなりましたが、売り上げは別に増えていないんです。観客動員もそんなに増えていない。

今年はいよいよ攻めの体勢を取りたいです。観客動員も増やしつつ、それ以外の売り上げも増やしつつ、より多くのお客さんに楽しんでいただけるようにしたい、ファンを増やしたいですね。ファンクラブに力を入れたり、ケータイのファンサイトに力を入れたり、そういうこともやっていきたいですね。

新日本プロレスの売り上げが11億円台なんですよ。アメリカのWWEが780億円。どうしてこんなに差がついちゃったのか……70分の1って何ですかと。たぶん30年前ぐらいは同じぐらいだったはずですよ。これをまず10分の1ぐらいにしたいですね。新日本プロレスは過去最高で40億円ぐらいだと思うので、それはオーバーしたいです。30億円位までは、やはりイベントの世界なので、大会を中心に増やしていくしかないでしょうけども。まず30億円を2~3年で達成したいですよね。

ガジェ通:ビジネス的な面でいうと、WWEはマーチャンダイズといいますか、選手をスーパーヒーロー、アメコミのヒーローのような存在としてフィギュアを売ったり、グッズを売ったりしていますよね。日本人の選手でもそういうことができるポテンシャルはありますよね。

木谷:あるでしょうね。

棚橋弘至選手

ガジェ通:特に棚橋弘至選手は仮面ライダー好きで、スーパーヒーロー的存在を目指していると。プロレス選手が子どもたちが憧れる存在になっていくと、今後状況は変わっていくのでしょうか。

木谷:とはいえ、まだ子どもが見られる時間にテレビ放送が流れていないですからね。

ガジェ通:テレビ放送については、今後もっと早い時間に流れるようにテレビ朝日と交渉されていくのでしょうか。

1 2 3次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。