ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【衝撃】銀座の一等地に牛丼太郎オープンきたああああああ! しかも激ウマで大盛況!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
gyudontaro18

銀座の一等地に牛丼専門店「牛丼太郎」がオープンし、あまりにも牛丼が美味しいため、地域住民やビジネスマンたちが絶賛している。なかには「他店より美味しい」と言っている人もいるほどで、その牛丼のクオリティの高さに注目が集まっている。

・24時間営業という強気の営業スタイル
牛丼太郎がオープンしたのは、地下鉄銀座駅や東銀座駅から徒歩4~5分の場所。日本でもっとも地価が高いと言われている地域で、しかも24時間営業という強気の営業スタイル。

さらに牛丼が絶品だと高評価を受けている事から、連日、ランチタイムは客足が絶えない(ほとんどの客がテイクアウト)。ちなみに牛丼の並盛は380円である。

gyudontaro1 gyudontaro12 gyudontaro11 gyudontaro10 gyudontaro9 gyudontaro8 gyudontaro7

・店頭は「いかにも牛丼屋!」という雰囲気
店頭のデザインはオレンジで統一されており「いかにも牛丼屋!」という雰囲気を醸している。店内に入ると券売機があり、食券を買ってカウンターで店員に渡し、2階の客席に移動して牛丼が運ばれてくるのを待つ。麦茶は飲み放題だがセルフサービスだ。

・これは確かにウマイ!
テーブルには紅生姜が置かれていないため、牛丼に別皿で紅生姜がついてくる。牛丼は肉が多く、タマネギは少なめだがやや大きく切られている感がある。さっそく肉をつまんで食べてみると……、ウホッ! これは確かにウマイ! 正直なところ、有名牛丼チェーン店に負けない美味しさである!

gyudontaro6 gyudontaro5 gyudontaro4 gyudontaro2 gyudontaro20

・ご飯の硬さも素晴らしい
肉があっさりめで甘すぎず、調味料に頼りすぎない味付けが素晴らしい。肉質も悪くなく、安い牛丼にありがちな「けもの臭さ」がいっさいない。これは一定以上の高品質な牛肉でないと実現不可能な味である。ご飯の硬さも素晴らしく、牛肉の旨味を生かすことに成功している。

・ヨクワカリマセン
こんなにもハイレベルな牛丼を提供する牛丼太郎、これはバカにできない! どこの会社が運営しているのか聞いたところ、海外から来たと思われる店員は「ヨクワカリマセン。シラナイヨ。デモ、オミセハ、ココダケ」と話していた。いやはや「シェフを呼んでくれ!!」といいたくなるほど美味しい牛丼だった。

もっと詳しく読む: 銀座の一等地に牛丼太郎オープンきたああああああ! しかも激ウマで大盛況(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2017/04/14/gyudontaro-ginza/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。