ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

ソフトバンク、下り最大110Mbpsの新データ通信サービス「SoftBank 4G」を2月24日より開始

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ソフトバンクが下り最大110Mbpsの新データ通信サービス「SoftBank 4G」を、同サービスへの対応機種第一弾となるモバイルルータ「ULTRA Wi-Fi 4G 101SI」の発売日(2月24日)より提供すると発表しました。「SoftBank 4G」は、ウィルコムより引き継いだ2.5GHz帯の電波を使う「XGP」方式を発展させた「AXGP」方式にて行われるデータ通信サービス。時分割多重のTD-LTE方式と100%の互換性を持つとされています。通信速度はベストエフォート方式の下り最大110Mbps/上り最大15Mbps。エリアマップはまだ公開されていませんが、2011年年度までに札幌市、さいたま市、千葉市、東京23区、横浜市、川崎市、名古屋市、京都市、神戸市、大阪市、福岡市、北九州市およびその周辺都市に対応エリアを拡大、2012年度末までには全国政令指定都市人口カバー率99%を目指すとしています。料金プランは月額5,985円・フラット型の「4Gデータし放題フラット」が提供されます。2月24日~2012年4月30日まで実施される「4Gデータ通信スタートキャンペーン」に申込むと月額4,980円で利用することができます。また、ソフトバンクのスマートフォン・iPadの利用者には「4Gデータし放題フラット」の基本使用料が月額3,880円になるセット割引サービスが提供されます。2012年10月以降、毎月のデータ利用量が5GBを超えた場合、通信速度が上下ともに最大128Kbpsに制限されます。2GBごとに2,625円を支払うことで速度制限がかからないようにすることも可能になりますが、別途変更手続きを行う必要があります。

24日に発売される「ULTRA Wi-Fi 4G 101SI」は今回の「SoftBank 4G」と既存の「ULTRA SPEED」に対応したモバイルルータ。Wi-Fi b/g/nに対応しており、最大10台までの無線LAN機器のルータとして利用できます。「SoftBank 4G」エリア内では下り最大76Mbps/上り最大10Mbps、それ以外の「ULTRA SPPED」エリアでは下り最大42Mbps/上り最大5.7Mbpsでデータ通信を行うことができます。連続通信時間は5時間(バッテリー2個同梱なので10時間)。Source : ソフトバンク


(juggly.cn)記事関連リンク
Xperia U ST25i ”Kumquat”の写真が多数流出、Xperia Sとのサイズ比較もあり
NTTドコモ、厚さ7.8mmの薄型Androidスマートフォン「P-04D」を発表、3月に発売
ZTE、MWC 2012でAndroid 4.0を搭載した2機種のLTE端末を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。