ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

平成ノブシコブシ吉村崇氏&ダイノジ大地洋輔氏に直撃取材!映画『ラブポリス~ニート達の挽歌~』独占インタビュー(1)

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

2月25日(土)に公開される映画『ラブポリス~ニート達の挽歌~』の上映に先駆け、なんと平成ノブシコブシ吉村崇さんとダイノジ大地洋輔さんに単独インタビューという事で、都内某所にて緊急取材が行われる事となった。
※このニュースは連載記事になります。

ノブコブ吉村といえば、現在放送中の番組『ピカルの定理』を中心にブレイク中のお笑い芸人。ダイノジ大地は『世界エア・ギター選手権2006』に出場し、初出場にして初優勝という快挙を遂げ、当時の国内のエア・ギターブームの立役者として有名だ。

事務所での先輩、後輩として映画での共演より以前から親交があった為か、取材中も抜群のコンビネーションを見せ、終始和やかでユル~い空気のままインタビューをさせて頂いた。

――実は、今回の取材の為、お二人について、Twitterをはじめネットでリサーチをしました。やっぱり女性からの質問が多かったですね。殆どが吉村さんに対して「大丈夫ですか?」「無理してませんか?」「その芸風のままで今後続けるのは酷だと思います。」とか、そんなのばっかりでした。

大地:ブハハハ!吉村のファンはそんな事まで心配してくれるんだ!

――あとは、やっぱり「付き合いたい」とか「結婚しないんですか」とかが多かったです。その中で、色々と聞いていくうちに吉村さんのファンにはある種の法則があるみたいで、ファンの一人が鋭い分析をしていたんですね。平成ノブシコブシ吉村崇のファンは「ギャル」と「オカン」に分類されると。聞いた事ありますか?

吉村:え?何ソレ。

――その、ファンの方達の法則性なんですが、「ギャル」というのは、いわゆるごく普通のミーハーな人達で、それに対して「オカン」の人は吉村さんのメンタル面を、もの凄い気遣い、番組の中で吉村さんが可哀想な目に遭うと、まるでお母さんのように吉村さんのメンタル面を心配するという人達が実際に居ました。

大地:なんだソレ!新しいな!

――ぶっちゃけ聞きたいのですが、近頃の破天荒キャラにしても、それは「狙い」なんでしょうか?

吉村:うーん、ぶっちゃけ申し上げると、狙ってないですね。破天荒キャラにしても、自分で言い始めたわけじゃなく、誰かに言われた事が独り歩きしてるだけなんで、狙いとかそういうのは全くないです。「与えられた破天荒」ですね。

――そういうファンの人達に対してはどう思いますか?

吉村:嬉しいですね。自分で言うのもあれですけど、きっと僕は弱いヒーローなんでしょうね。ピンチの時に救ってくれる完璧超人みたいな強いヒーローじゃなくて、弱すぎて、思わず応援しちゃいたくなるようなヒーロー。初期のキン肉マンみたいなものですね。そんな素の状態の僕を気遣ってくれるなんて、なんて優しいんだろうなって思っちゃいますね。

大地:実際、お前なんて破天荒でもなんでもないもんな。

吉村:そうですよ。メールの返信早いですから。

その中で、ピース綾部祐二さんが話題に挙がった。

――次に多かったのが「ピース綾部さんの事をどう思いますか?」「吉村さんは綾部さんの事を気にしすぎだと思う」という質問です。番組の中で吉村さんがよく綾部さんを引き合いに出す事が多いので、気になっている方が多いみたいです。実際にどのくらい意識しているんですか?

吉村:それは違いますね。実際、彼の行動とか発言を紐解いてみたら、逆に綾部の方が僕の事を気にしていると思いますよ。

大地:あー、それは確かにあるかもね。

吉村:綾部も映画やってるでしょ。しかも僕らと同じ時期ですよ。僕と綾部は同期なんで、何かというと比べられる事が多くなったんですが、不思議な運命ですよね。今回の映画は比べようにも、既に向こうの方が上映館数が10倍くらいなので、立場的には噛み付かなくてはならない。

――そういえば、先日の映画記者会見の時も、誰も質問していない中、綾部さんは確かに吉村さんの事を話題にしている場面がありましたね。

吉村:だから「いつかは追いついてやる」という意気込みですよね。追われるより追う方が強いですからね。なんせ綾部は今天狗になってますから。スクリーンから天狗の鼻がせり出す効果があるくらいですから。

大地:どんな効果だよ!そんなギミックついてる映画館の方がスゲーよ!

次回は更にヒートアップ!ノブコブ吉村、ダイノジ大地の本音トークが炸裂!果たして、この内容を記事にしていいものか!乞うご期待。
(取材・文:高坂雄貴/いと、まほろば)

■『ラブポリス~ニート達の挽歌~』http://lovepolice-movie.com/
2月25日(土)より、ワーナー・マイカル・シネマズ板橋他全国順次ロードショー
配給・宣伝:ジョリー・ロジャー
(c)関西テレビ放送 吉本興業株式会社

関連記事
綾部祐二(34)タキシードで登場「ママ見ててーって違いますからコレ自前ですから」 主演映画『TSY タイムスリップヤンキー』先行プレミア上映会レポート
佐津川愛美「この作品に出会えた事を誇りに思います」-映画『忍道-SHINOBIDO-』初日舞台挨拶

※この記事はガジェ通ウェブライターの「いと、まほろば」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。