体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

新入生必見! スクールカーストで下にならない方法とは?

4月から高校生になった新1年生。

 

 

新しい生活にワクワクしつつも、やっぱり人間関係への不安はあるもの…。

 

「中学ではクラスの中でも“上”のほうにいたけど、高校に入ったらどうなるんだろう」「中学の頃は“下”だったけど、高校でもそのままはイヤだ!」と、学校内での序列、いわゆる“スクールカースト”を気にしている人もいるのでは?

 

そこで、先輩たちに「高校のスクールカースト」について教えてもらうことに!

 

●スクールカーストの実態

●LINE/SNS編

●外見編

●コミュニケーション編

●趣味編

●部活編

 

授業中、SNSなどあらゆる場面でカーストの影響が!

 

 

渋谷の街行く高校生43人に、「そもそも高校にもスクールカーストがあるのか」を聞いてみたところ、

 

ある…32人

ない…11人

 

と、全体の4分の3もの人が「スクールカーストがある」と回答!

 

カースト内の自分の立ち位置を三角形の図に示してもらうと、こんな結果に。

 

 

カーストは、上・中・下の3つの階層に分かれていると答える人が多く、自分の位置は“中の上の方”という人がほとんどだった。

 

カーストの違いで、具体的にどんな差が出てくるのかというと…?

 

・「うちらトップのグループは、授業中も休み時間もうるさい。

 

授業中に、うちらが面白いことを言うと“中”の人が愛想笑いしてる感じで、“下”の人たちは、ひたすら黒板とノートだけを見て静かに勉強してる」(高1女子・神奈川)

 

・「授業中に先生をイジれるのが“上”の人で、先生がイジるのも上の人。

 

先生も人を選んでやってると思う。

 

それ以下は、イジることもイジられることもない」(高3女子・東京)

 

 

・「クラスのLINEグループで自由に発言するのは“上”の人

 

私も発言はできるけど、ちょっと遠慮しちゃうから“中の上”くらいだと思う。

 

一番下は、グループには入ってるけど、スタンプも送れず見てるだけ」(高3女子・東京)

 

・「自分は“中”の位置。

 

昼に弁当を食べるときは、トップが陣取ってる『窓際の一番後ろ』にはいけないけど、『窓際の真ん中』という、まあまあいい席をキープできる」(高3男子・東京)

 

などの声があり、授業中や休み時間、席順、LINEグループでのやり取りなど、生活のあらゆる場面にカーストが影響しているよう。

 

さらにその差は、文化祭などのイベントの場面でよりわかりやすくなるようで、

 

・「文化祭で劇をやったとき、上の子は、下の子に嫌な役を押し付けてた。

 

下の子は何も言えずに従ってる感じだった」(高3女子・東京)

 

という意見もあった。

 

また、

・「カーストってTwitterのRT数にけっこう表れる

 

例えば、『今日は終業式でした!』ってつぶやくと、トップのRT数は100超え、“中の上”は90RT、“中の下”は数えるくらいでRTは伸びない。

1 2 3 4次のページ
スタディサプリ進路の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。