体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ホールに「一狩り行こうぜ!」あのパチスロ『モンスターハンター』を打ってきたぞ

_MHR_top

ネットでも既に話題となっているパチスロ新機種『モンスターハンター』が間もなく登場だ。この台はご存じ、カプコンの有名ゲーム『モンスターハンター』をモチーフにデザインされた遊技台。販売はロデオからの予定となっている。ホール導入が2012年3月なので、あともう少しでみんなの町でも遊べるようになる。

_img_0242_ _img_0567_

そんなパチスロ『モンスターハンター』を先駆けて体験できる!という事で今回は特別にロデオさんおよびフィールズさんの協力で試遊を行わせてもらった。

仕様などのおさらい

当機種は以前の記事でも紹介したようにボーナスとARTが主体でゲーム構成されている。

_img_0531_

ARTとは
ARTというのは、パチスロ内で発生するボーナスの一種。
ARTは、AT(アシストタイム)機能とRT(リプレイタイム)機能という二つの機能から成り立つ。
「リプレイタイム機能」ではリプレイ確率が上昇し、「アシストタイム機能」では子役告知が行われる。つまり、ART中は「コインの減少を抑えつつ、少しずつコインが増加する」仕組みになっている。

_img_9968_

パチスロ『モンスターハンター』の場合、7絵柄が揃って成立するボーナスは
「ラージャンBONUS」「大連続狩猟BONUS/狩猟BONUS」「BIG BONUS」「アイルーボーナス」
の4種に大別される。
ちなみにARTは「モンハンRUSH」という名称で呼ばれている。「モンハンRUSH」の初期ゲーム数は30~500G+αコイン純増枚数は約1.5枚/ゲームとなっている。500GのARTであれば純増750枚が見込めるというわけだ。

そして、これらボーナスのきっかけとなるのは、ボーナスフラグ、そしてチェリーやスイカ図柄による「チャンス目」「チャンス役」だ。チャンス役をどこで引くか、が重要となってくる。

_img_0394_ _img_9991_

ボーナスに関する払い出しや終了条件は次のようになっている。

1 2 3 4 5 6次のページ
オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。