体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ドイツ中部の都市ライプツィヒで空き家が「子連れオフィス」に

ドイツ中部の都市ライプツィヒで空き家が「子連れオフィス」に

大きなダイニングには幾人かの女性がノートパソコンを広げて仕事をしている。続きの向こうの部屋には、3歳くらいまでの子どもたちがカラフルな遊具で遊んでいる。

ドイツ中部の都市・ライプツィヒにある建物の一室。ここは「ロックツィプフェル(Rockzipfel)」という、子どもたちとその両親のためのスペースだ。小さな手のかかる子どもたちを抱える親のための「子連れオフィス」として利用されている。

空き家だった場所が、子どもたちと親たちが快適に過ごすことができる場に

ここでは、子どもたちはほかの子どもたちやシッターなどの大人に会って遊んで交流することができる。その傍らで両親は仕事をできる。乳児がお腹をすかせたら、母親は仕事を中断して授乳することもあるという。まるで家にいるような和やかな環境で、子どもたちも大人たちも大らかに過ごしているようだ。【画像1】「子連れオフィス」の子どもたちのためのスペース(写真提供/吉岡春菜) 【画像1】「子連れオフィス」の子どもたちのためのスペース(写真提供/吉岡春菜)【画像2】子どもたちのスペースのすぐ隣に親たちのためのワークスペース(写真提供/吉岡春菜) 【画像2】子どもたちのスペースのすぐ隣に親たちのためのワークスペース(写真提供/吉岡春菜)【画像3】パソコンさえ持ち込めば仕事ができる環境を備えている(写真撮影/村島正彦) 【画像3】パソコンさえ持ち込めば仕事ができる環境を備えている(写真撮影/村島正彦)【画像4】小さな子どもたちのためのトイレも完備したバスルーム(写真撮影/村島正彦) 【画像4】小さな子どもたちのためのトイレも完備したバスルーム(写真撮影/村島正彦)【画像5】「子連れオフィス」を運営するヨハンナ・グンダーマンさん(写真提供/吉岡春菜)

【画像5】「子連れオフィス」を運営するヨハンナ・グンダーマンさん(写真提供/吉岡春菜)

ライプツィヒ西部、中央駅など中心地からトラムで20分ほどのリンデナウ地区。ヴィクトリア朝の重厚な趣のこの建物は当時空き家で、現在のオーナーが購入したのが2009年。「子連れオフィス」はこの建物の2階を借りて、キッチンやバスルーム、仮眠室などを含む7室がある。公的な助成金(約200万円)をはじめ、多くの人からの寄付や人的な援助を受けて、短い期間でオープンにこぎ着けたという。

利用する親はホームオフィスとして利用することができ、Wi-Fi完備の環境のなかパソコンを使っての仕事を行えるほか、仕事ではなく子育ての息抜きなど単なる交流の場、親自身の趣味や雑務を行う時間を過ごせる場としての利用も認めている。ボランティアのベビーシッターの助けを借り、また親同士の助け合いによって、子どもたちと親たちが快適に過ごすことができる場を創り出そうというものだ。

1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。