体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

BMWとメルセデス・ベンツのクリーンディーゼルが100万円台でイケること、ご存じでした?

▲新車で買うとなると基本500万円オーバーで、中古車もまだまだ高いというイメージがある欧州人気ブランドのクリーンディーゼル搭載モデルですが、実は中古車なら車両価格100万円台でも十分狙えるんです!

▲新車で買うとなると基本500万円オーバーで、中古車もまだまだ高いというイメージがある欧州人気ブランドのクリーンディーゼル搭載モデルですが、実は中古車なら車両価格100万円台でも十分狙えるんです!

今やエコと知性の象徴にもなったディーゼルエンジン

ひと昔前は「安い車の代名詞」みたいな扱われ方もされていたディーゼルエンジン搭載車ですが、今や時代は変わり、「新世代ディーゼル=エコとインテリジェンスの象徴」みたいなニュアンスになっています。実際、これをお読みの方のなかにも「クリーンディーゼル積んでる欧州車、欲しいよなぁ……」と思っている人は多いかもしれません。

しかし、昨今のクリーンディーゼル搭載欧州車は決して安いモノではありません。そのため「欲しいは欲しいけど、ちょっと手が出ないよね。たはは」と虚しく笑って話を済ませたくなるのが人情ですが、実は中古車であれば、今大人気の「クリーンディーゼルエンジン搭載ヨーロッパ車」だって結構お安いプライスで手に入るのです。それも微妙なブランドの微妙な車種ではなく、れっきとした人気ハイブランドの人気モデルが、車両価格100万円台でイケてしまうのであります。

具体的に言いますと、車両100万円台で狙えるクリーンディーゼル搭載欧州車は現行BMW 3シリーズ/3シリーズツーリング(ステーションワゴン)と、旧型および旧々型のメルセデス・ベンツ Eクラス/Eクラスワゴンです。

▲12年1月から販売中の現行BMW 3シリーズ。そのなかでも「320d」という系統が、直列4気筒のディーゼルターボエンジンを搭載している人気グレードです

▲12年1月から販売中の現行BMW 3シリーズ。そのなかでも「320d」という系統が、直列4気筒のディーゼルターボエンジンを搭載している人気グレードです

▲こちらは09年5月から16年6月まで販売された旧型メルセデス・ベンツ Eクラス(写真は前期型)。V6のディーゼルターボエンジンを搭載しているのは「E350ブルーテックアバンギャルド」です

▲こちらは09年5月から16年6月まで販売された旧型メルセデス・ベンツ Eクラス(写真は前期型)。V6のディーゼルターボエンジンを搭載しているのは「E350ブルーテックアバンギャルド」です

▲こちらは02年6月から09年4月まで販売された旧々型メルセデス・ベンツ Eクラスに、06年途中から追加されたE320 CDI ステーションワゴン アバンギャルド。この他にセダンの同モデルもあります

▲こちらは02年6月から09年4月まで販売された旧々型メルセデス・ベンツ Eクラスに、06年途中から追加されたE320 CDI ステーションワゴン アバンギャルド。この他にセダンの同モデルもあります

現行3シリーズのディーゼル仕様は190万円前後から

まずは車両価格100万円台で狙える現行BMW 3シリーズ セダン/ツーリングのクリーンディーゼル搭載モデルから、その詳細を見ていきましょう。

現時点において車両100万円台で狙えるのは、12~14年式の320dブルーパフォーマンスまたは320d。両車は車名こそ微妙に異なりますが、13年途中に車名が微妙に変わっただけのことで、基本的な中身は同一です。人気の高い「Mスポーツパッケージ」はさすがにまだ100万円台では難しいですが、ベースグレードまたは「スポーツ」「ラグジュアリー」は対象となります。「スポーツ」と「ラグジュアリー」はどちらも新車時+21万円だったパッケージオプション(というかデザインライン)で、それぞれ内外装のもろもろがその名のとおりのテイストになっています。

1 2 3次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。