ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

PCの『バグ』は本物の『虫』だった!? 誰かに話したくなるPC・ネットの薀蓄・エピソード 5選

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

2月21日に発売された『バグは本当に虫だった なぜか勇気が湧いてくるパソコン・ネット「100年の夢」ヒストリー91話』(ペンコム)から、マイコン世代には懐かしく、スマホ世代もビックリの薀蓄・エピソードを厳選してご紹介。 読めばきっと誰かに話したくなる!

1. 最初の『バグ』は本物の『虫』だった

黎明期のコンピューターは筐体が大きく暖かかったため、蛾のような虫が入って故障させることもしばしば。プログラマーはこの虫を取り除いて不具合を修正していた。初期のバグはリアルの虫が引き起こしていたのだ。やがてプログラムの不具合自体を『バグ』と呼ぶようになった。

2. 高すぎ!? 最初の日本語ワープロの値段は630万円

1978年に東芝から発売された日本語ワープロ『JW-10』の値段はなんと1台630万円!!さらに筐体も大きく、机全体をワープロが専有していた。それなのに本体のHDD容量はたったの10MB。スマホ世代には信じられない価格設定だった。

3. 意外! ExcelはMacintosh版が先だった

マイクロソフトの表計算ソフト『Excel』は、意外なことにMacintosh版が先に発売された。これは既にMS-DOS用の表計算ソフトとしてロータス1-2-3が君臨していたためで、まだ主流が決まっていないMacintoshでシェアを取ろうと開発したのがExcelだった。Excelは評判がよく、これを使うためにMacintoshを買う人も多かった。なおWindows版はその2年後に発売されたが、Windows自体の評判が悪く泣かず飛ばずだったとか。

4. 結果オーライ? Googleの由来はスペルミス

開発した検索システムに、膨大な量を検索できる、という意味を込めて「グーゴル (googol)=10の100乗」より更に大きい「グーゴルプレックス(googolplex)=10のゴーグル乗」名付けようとしたところ、商標登録時にまさかのスペルミスで「googleplex」に。ドメインもスペルミスした「google」で取ることになった。このミスがなければ「グゴる」ことになったのかもしれないが、言いにくいから間違えて良かったのかも…。

5. iPhoneデモ画面の時計が9時41分のワケ

iPhoneの公式サイトを見ると、iPhoneのデモ画面の時計はみんな9時41分を差している。これは2007年にiPhoneが発表された時刻が9時41分だから。その伝統はiPhone7でも引き継がれている。ちなみにiPadも9時41分表示だが、Apple Watchは時計の針が美しく見える10時9分で統一されている。
いかがでしたか?

まだまだ面白いエピソード・薀蓄がたくさんあるので、気になる方は書籍をチェック! ニュースメディア『PC Watch[リンク]』でも収録エピソードが読めますのでこちらもチェック!

バグは本当に虫だった-なぜか勇気が湧いてくるパソコン・ネット「100年の夢」ヒストリー91話』(ペンコム)
著者:水谷哲也
定価:(本体1,800円+税)
ISBN 978-4-295-40055-4

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: インプレスPRスタッフ) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。